こんにちは^^朝からとても気持ちがいい晴れの天気となっているここ鹿嶋地方です。寒い日が続いていますが、寒さに負けないで張り切って過ごして行きましょう!


さて、「寒い冬に有効な湯冷めを防ぐコツ」ということですが、今の季節のように寒い時というのは、せっかくお風呂で温まったのにも関わらず、すぐに体が冷めてしまい、場合によっては入浴前よりも体が冷えてしまうという「湯冷め」を引き起こしてしまうこともあります。

湯冷めはただ単に「冷える」というのではなく
・不眠
・風邪を引きやすくなる
・低体温による免疫低下
・体力の低下
などを引き起こすので注意が必要です。


この湯冷めを防ぐ方法をご紹介します。

その方法とは
・入浴前後に温かいしょうが湯や白湯を飲むようにする
・湯船に塩(一掴み程度)やみかんの皮などを入れる
(※かぶれてしまうこともあるので、最初は様子を見ながら入浴するようにして下さい)
・入浴後はすぐに水分を拭き取り、髪を乾かす(風呂場の中で体を拭くようにしましょう)
・上がる時に手足に冷水を浴びて毛穴を収縮させる
・入浴後は手足に保湿クリームを塗り気化熱による体温降下を防ぐ
・熱すぎる湯船ではなく適温で入浴する(42℃くらい)
・入浴後で出た汗はこまめにふき取る
などを行うと効果的です。


これらを行うことにより、毛穴から熱の発散を防ぐことが出来るので湯冷め防止に効果的です。

しかし、これらは今の季節(1~2月)の一番寒い時期に有効な方法であり、この方法を真夏の暑い時期に行うと、毛穴から熱の発散が妨げられてしまう為に、逆に熱中症などを招く危険性がありますので、行なるべきではありません。


湯冷めや冷え性でお困りの方、ぜひ参考にして不快症状改善にお役立て下さいませ。






hatuhinode.jpg




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ