FC2ブログ
こんにちは^^朝から冷たい雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。3月に入ったといっても、まだまだ寒い日が続きますので、体を冷やさないように注意して下さいね。


さて、「今年はしもやけが全く出来なかったと喜ばれました」ということですが、毎年しもやけが出来てしまい、その予防改善のために当店の漢方薬を服用して下さっているお客様がいらっしゃるのですが、服用を続けることにより段々としもやけが出来にくくなり、今年はとうとう全く出来なくなったと、喜びのご報告を頂きました。

かれこれ5年以上の付き合いになるお客様なのですが、毎年体質に合った漢方薬をお出しして、少しずつ改善してきたものの、去年までは一番寒い2月になるとしもやけが出来てしまっていました。それでも、当店にお越しになった当初は11月初旬から~3月下旬まで手全体が真っ赤になり、まるでグローブのような手をしていたのですが、漢方を飲むようになってからは全体がしもやけになることはなく、更に寒さ厳しい1~2月だけしもやけが出来るだけに改善されていました。

そして、今年度は冬を通して一度もしもやけが出来なかったのです。これには私もですがお客様自身も大変お喜びになっており、しもやけから解放されたことに対する喜びを二人で噛みしめました。


そのお客様の体質としては
・冷えのぼせタイプ
・汗をかきやすい
・血圧が若干高め
・胃腸は便通は正常
・性格も温厚であり神経質ではない
・運動を欠かさずしており、体力には自信がある
・食事は日本食中心でありバランスを心がけている
などがあり、既往病などは高血圧以外ありません。男性で年齢は70代です。

これらを元に、5年前より一貫して血流改善の「冠元顆粒」をおすすめしており、更に桂枝加朮ブ湯や柴胡桂枝乾姜湯、五積散などをおすすめさせて頂いてきました。そして、今シーズンは冠元顆粒は変わらずとして、「苓桂朮甘湯」をおすすめさせて頂きました。

以上の処方がピタリと合いしもやけが解消されたのですが、なぜ苓桂朮甘湯をおすすめしたのかということに関しては、体質ではなく症状に合わせておすすめしたというのが答えになります。

漢方薬をおすすめする場合には、必ず体質に合ったものをおすすめするということが大前提ですが、体の中の具合が全て問診で分かるとは限りません。時には出ている症状によって判断しなければならないこともあるのです。今回はそれを如実にあらわす症例だったのだと思われます。


なかなか治らない不快症状でお悩みの方、漢方薬は様々な見方によって改善へ導かせることが出来ますので、ぜひお試し下さいませ。




takotyann.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ