こんにちは^^引き続き朝から素晴らしい春の陽気に包まれているここ鹿嶋地方です。どこへ出かけても桜の花が満開となっており、春を感じると共に嬉しい気分にさせてくれます。


さて、「肉食はガンを増やす原因に?」ということですが、この言葉は昔から叫ばれている言葉です。そして、時に肯定されたり否定されたりして、あまり信憑性がないこととして扱われてきました。現在もこの論争は続いており、未だに結果が出ていない疑問点となっています。

しかし、いくつか分かっていることとして、肉や卵、乳製品といった動物性のタンパク質には「成長因子」という成分が含有されており、その成長因子によって人間の体が成長がよくなります。それ故、成長期の子供には必要不可欠な栄養素となっているのですが、成長が止まった成人がこの成長因子を摂りすぎると、ガンなどの発生を促してしまうということが明らかとなっています。

要するに、成長期などの成長が著しい時には必要不可欠な栄養素ですが、必要のない時に沢山摂取してしまうと、体の負担が増えると共に、遺伝子に異常が引き起こされやすくなり、それによってガンが発生しやすくなるということです。

よく、老人さんはタンパク質を摂取した方がいいといわれていますが、それは胃腸や肝臓といった栄養の吸収に関わる臓器の機能低下があるので、タンパク質などの栄養素を摂取しても、体を維持する量を吸収代謝することが出来ないので、多めの量を摂取しなさいということなのです。実際に、タンパク質を多めに摂取している高齢の方は健康であるというデータも出ています。

以上をまとめると、体がタンパク質を欲している時はしっかりと摂取し、欲していないとされる時には少な目にするという調整が必要になるということです。これを守らないで必要以上に肉やチーズなどを過食したり、逆に必要なのにも関わらず全く摂取しないという食生活をしていると、ガンにもかかりやすくなりますし、ガン以外の慢性疾患になる確率も増すということがいえます。

日本人は胃腸が弱い人が多いとされています。よって、なるべく塩分は少な目として、タンパク質を少し多めに食べるという位がいいのではないでしょうか。とはいっても、胃腸は丈夫なものの代謝が落ちる40~50代はあまり動物性タンパク質の必要性はないので、少な目にした方がいいとされています。

動物性タンパク質ではなく、納豆や豆腐など植物性タンパク質では以上のような摂りすぎによるデメリットはないので、40~50代の方は動物性を少な目として植物性を多めに摂取するというように変えていくという工夫がっ必要なのではないでしょうか。


今話題の腸内環境改善!当店みやわき健康薬局で行うことが出来ます。
ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?
ご気軽に電話相談下さいませ。

TEL 0299-82-6897
メール相談も受け付けていますので、当ブログメールフォームをご利用下さいませ




kinnbunn1.jpg





kinnbunn2.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ