こんにちは^^朝から暑い雲が空を覆っているここ鹿嶋地方です。そのせいか、空気がとてもジメジメした感じとなっており、油肌が余計に油肌になった気がします・・・。


さて、「ピロリ菌除去後に胃の不快症状を訴える方が急増するワケ」ということですが、お客様から「ピロリ菌除去した後から急に胃腸の具合が悪くなって・・・」という言葉を非常によく聞きます。

その理由を私なりに考えてみたのですが、ピロリ菌というのは胃に住みつく際に胃酸を中和させて自らの体を守るという働きがあります。この働きにより、強力な塩酸が分泌される胃の中で長期に渡り住み続けることができるのです。

では、そのピロリ菌がある日突然いなくなったらどうでしょう。今まで中和されていた胃酸が今度は中和されなくなるので、胃の中に増えるということになります。胃酸というものは食べ物を消化する為に分泌されるので、ピロリ菌がいなくなり分泌がよくなれば消化がよくなり体にとってはいいことなのですが、逆の側面も併せ持ちます。

その逆の側面とは、胃酸が多くなりすぎると、胃粘膜を傷つけてしまうことや、食道と胃の間にある弁を乗り越えて食道まで侵入して粘膜を傷つけてしまうということを引き起こすことがあります。

これは全ての人に共通するのではなく、ストレスを感じやすく胃酸が多く分泌されてしまう方や、胃粘膜が弱い方、食道と胃との間にある弁の締りが悪い人などに対して不快症状が起こりやすくなります。


このデメリットを改善するためには、「ある程度胃酸の分泌を抑制する」ということが必要になります。ある程度としたのは、H2ブロッカーのように全て遮断するような薬を飲んでしまうと、食べ物が消化されにくくなってしまったり、胃粘膜の分泌が悪くなり悪性貧血を引き起こすことなどが懸念されるからっです。(もちろん、胃粘膜に潰瘍や傷などが出来ていて、胃酸を完全に遮断しなければならない時は、胃酸を止める薬が必要になります)

当店がおすすめする薬としては、胃酸の分泌をある程度抑制しながら、胃の働きを向上させ、再びピロリ菌が定着しないような各種漢方薬です。香砂六君子湯や半夏瀉心湯、平胃酸、参苓白朮散などを軸として、その他その方、症状に合った処方を考慮するようにしています。


胃酸の逆流がひどくなったり、空腹でも胃の中にじゃぶじゃぶと胃酸があったりすると、逆流性食道炎や胃粘膜の萎縮、胃潰瘍などが引き起こされ、次第に深刻な病へと発展してしまうことが考えられます。よって、なるべく早期に改善することをおすすめします。

みやわき健康薬局では、軽度から重度まで胃の不快症状改善のご相談を承っております。ぜひお気軽にご相談下さいませ。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!

※ご相談に関して:お互いの為にならないご相談はお断りさせて頂いております。予めご了承くださいませ。 






sakurasakura.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ