こんにちは^^久しぶりに朝から素晴らしい晴天となっているここ鹿嶋地方です。晴天は嬉しいのですが、この暑さはちょっと・・・。急に暑くなっておりますので、熱中症や脱水には十分注意して下さいませ。


さて、「カップラーメンって体に悪いですか?というご相談」ということですが、先ほどお越しになられたお客様よりご相談がありましたのでブログにご紹介したいと思います。

カップラーメンというと、炭水化物に塩分、脂質、各種調味料で構成されています。人間に必要な栄養素は炭水化物・脂質・タンパク質なので、このうち2つはカップラーメンで補えますが、タンパク質は補えないということになります。

これにより、栄養素としてはタンパク質が不足するということがいえます。

続いて、カップラーメンに含まれる健康リスクですが、カップラーメンには大量の塩分と酸化された脂質が含まれています。カップラーメン一つに対し
・塩分:5g程度
・脂質:15g程度
含有されており、一日の推奨される摂取量
・塩分:6g
・脂質:40g
に対して塩分ではほとんどを、脂質では半分いかないくらいの量を含有しているということが分かります。よって、通常一日に摂取する食事はカップラーメン以外に2食は食べると予想されますので、塩分に関しては明らかにオーバー、脂質に関してもオーバーすることが予想されます。これにより、カップラーメンを食べる際には、塩分と脂質の摂取量に注意しなければなりません。

更に、塩分に関しては取りすぎると血圧や血糖値の上昇、胃粘膜の損傷、胃ガンを誘発するということが分かっています。よって、カップラーメンを日常的に食べ続けているということは、これらリスクを上昇させるということを肝に銘じておく必要があります。また、含まれている脂質に関しても、長時間外気に接して酸化していることや使われている成分を考えると、とても体にいいものとは思えません。

そして、カップラーメンに対して一番皆さんが懸念されているのが「添加物」だと思いますが、添加物に関しては国などが厳密に管理しており、カップラーメンに入っている程度の量であれば、毎食食べ続けても問題ないというデータがあります。しかし、それは統計上の数値だけことであり、人間の体というのは数値で測りきれるもの以外のことの方が多いとされていますので、国から発表されることが全て正しいとはいえません。

添加物の多くは体内に入ると胃腸にて分解され無害になるとされていますが、内臓虚弱や老化、ストレスなどによって体及び内臓が疲れていると、分解されずそのまま吸収されてしまい毒性物質が増えてしまい健康を害す原因になります。また、カップラーメンに含まれているグルタミン酸という「うまみ調味料」は神経刺激が強い物質として知られており、人によっては食べることにより神経が刺激されて神経過敏になることもあるようです。


以上、まとめると栄養学的にはタンパク質が不足しているだけですが、塩分や脂質が過剰なことや、添加物のことなどを踏まえ考えますと、たまに食べる分には何ら問題ないといえますが、日常的に食べ続けるということを考えると、健康を犯すリスクが高い食べ物という結論に至ります。

基本的には「食べるものがない時の保存食」という位置づけがいいのかなと思います。





愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!

※ご相談に関して:お互いの為にならないご相談はお断りさせて頂いております。予めご了承くださいませ。 







asuhgri.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ