こんにちは^^朝から蒸し暑さマックスのここ鹿嶋地方です。台風が通過すると熱帯地方の大気を運んでくるので、本当にいきなり蒸し暑くなります。


さて、「不眠症の改善に役立つ読書の利用法」ということですが、このところ不眠症を訴えてご来店なさる方が増えています。皆さん長らく不眠症で悩まれており、その改善のために病院などで睡眠薬や安定剤などを処方されているものの、翌朝だるくなることや依存性を気にして漢方に切り替えるためにご相談にみえています。

その際に私が漢方薬をおすすめするのと一緒に、必ずといっていいほどおすすめする方法が寝る前の「読書」です。

読書をする時のポイントとして
・面白すぎる本は読まない
・ネガティブすぎる本もNG
・全身がリラックスできる体制で読む
・寒いと感じる環境では読まないようにする
・少しだけ暗めの照明とする(あまり暗すぎると目に悪いので注意)
・音楽や雑音をシャットアウトする
などになります。出来るならば、ちょっと難しいかもと感じるくらいの学術書などをチョイスするようにします。

難しい学術書というと、「何でわざわざつまらないものを読まなきゃいけないの?」という意見が返ってきます。何でわざわざつまらないものを読むのかという答えは眠る為!この一点です。

しかし、いくら眠る為とはいえ、つまらない本を読むのはちょっと・・・と思う方がほとんどだと思います。なので、今自分が興味を持っていることを勉強するための本をチョイスするのです。例えば今から店を持とうとするならば、ファイナンス入門などの本を読んだり、家を建てたいと思うのならば建築設計の本など、なるべく趣味とは離れた教養を増やしてくれるようなものを選ぶようにすると、眠ることもできますし、自分にもプラスになります。


なぜ、読書で眠たくなるのかというと、「全身がリラックスしている状態で眼球が常に一定のリズムで動いている」という状態になるからであり、この状態になると人間の脳は眠たくなるという慣習があるからです。学生の頃の授業や運転が眠たくなるのは読書と同様の現象が引き起こされるからであり、特別疲れているからとかサボり癖があるからということとはあまり関係がないのです。

以上のようなメカニズムで読書をおすすめしているのです。とはいっても、面白い本を読むと余計に目が冴えてしまうので、あまり面白味のない教養本がいいのです。

睡眠薬もいいですが、このような本を利用することと
・朝は毎日同じ時間に起床する。
・起床後1時間以内に太陽の光を30分程度浴びながらリズム運動(ウォーキング)を行う
・3度の食事をしっかり食べる
・夕方までは積極的に心身を動かし、夕方以降は逆に心身を刺激するようなことはしない
・入浴して体を温める習慣を付ける
・毎日同じ生活リズムを刻むようにする
・ストレスから遠ざかる
などを心掛けるようにします。

その他、漢方薬で心と体のアンバランスを調節することも大事です。いくら生活習慣や読書などを取り入れても睡眠が得られない場合には、心身のバランスが崩れていることが考えられます。それを改善することで睡眠が改善されると共に、慢性病、急性病のリスクも低下します。ぜひ漢方をお試し下さいませ。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!

※ご相談に関して:お互いの為にならないご相談はお断りさせて頂いております。予めご了承くださいませ。 






atui.jpg
暑さでぐったり




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ