こんにちは^^今日から新しい月がスタートします。マーケットでは一ドル110円まで円安が進み、資金がドルに集中するという動きとなっています。これにより、輸出を主とする企業には追い風になりそうですが、材料を輸入に頼る企業にとっては厳しい状況になりそうです。


さて、先ほど来られた営業さんから面白い資料をもらったのでご紹介します。その資料によると、現代に増えているコンビニ弁当、冷凍食品、レトルト食品、高齢者のための宅配お弁当などには圧倒的にミネラルなどの栄養素が不足している代わりに、添加物などの体に不要なものが多くなっているとの指摘がされています。

コンビニや冷凍食品、レトルト食品、宅配弁当(全てではない)に使われている材料はほぼ輸入品であり、しっかりとした土で栽培されていない場合が多く、それによりミネラルや栄養素が通常よりも少ないという成分結果が出ています。よって、これらによって栄養を摂取している場合には、ビタミンやミネラルといった栄養成分が不足するようです。

更に添加物ですが、国は添加物については厳密な検査管理を行っており、それに従っている限り問題ないとの見方がされていますが、一方で元は化学薬品ということで過剰に摂りすぎていいものではないという見方もあります。私自身の考えでは過剰に摂りすぎていなければさほど問題視するものでないと思いますが、過剰に摂取している場合は改善した方がいいという見方をしています。

これら食事の偏りにより、一番打撃を受けているのが脳だとされています。脳は多くの栄養素を必要としている場所であり、特にミネラルやビタミンの消費量が多いとされています。

資料では、以上のような食事を続けることにより脳が不安定になり、それにより精神疾患などが増えていることが暗に指摘されていて、更に健康を脅かす根本原因との見方もされています。

以上に対して私の意見としては、食べ過ぎによる健康問題は間違いないものだと思います。精神疾患についても同じであり、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂質などのバランスが崩れると発症しやすくなるというのは間違いないことなので異論はありません。しかし、それが全てかというとそうではありません。むしろ食事以外の原因の方が大きいと思っています。

食事は健康を営む上でとても大切なものであり、根本として「手作りで薄味とする。そしてバランスよくバリエーション豊かに」というのが基本となりますが、それを少し崩したからといって病気が発症するという訳ではありません。基本的な食生活は守りつつ、派目を外す時もある程度の方が人間らしく、且つ心の面の健康を保つのに役立つと思われます。

ちょっと信じられない話ですが、現代の若者では、食事のほとんどをコンビニ弁当で済ますというケースもあるようです。このようなケースはレアなケースだと思いたいというのが本心ですが、ここまで食というものが乱れていると、間違いなく健康問題に直結すると思われますので、即座に改善するように警告します。

結論として、何事も「基本」というものがあり、それを守ったうえで生活していくことが求められるということです。





mahiaakko.jpg
(笑)
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ