こんにちは^^晴れの中休みでしょうか。朝からしっとりとした雨模様となっているここ鹿嶋地方です。日一日と寒くなっているので、体調を崩さないように注意して下さいね。


さて、「児童の暴力やいじめが増えている現状について」ということですが、最近、連日小中学校でも暴力事件やいじめの件数が増えているということについての報道がなされています。

これは決して児童や学校だけの問題ではなく、社会全体、国家として考えなければならない問題だと私は思います。何故かというと、子供のいじめや暴力問題は社会を映す鏡としての役割を果たしているからになります。

過去にも1870~1980年代に暴力やいじめが拡大し「積み木崩し」などのドラマも生まれ社会問題になったということもありました。この時は、高度経済成長という波の中で人々の生活が激変したことが子供の心に影響を及ぼしたことにより、いじめや暴力事件が増えたとされています。

では現代では何が起きているのでしょうか。具体的にいわれているのが
・小さなルールでさえも厳格に守らせるという窮屈な環境
・貧困、格差社会の拡大
・核家族化、共働きによる子供の孤独、安心感の欠乏
・教師や親とのコミュニケーション不足
・道徳や良心教育の不足
・睡眠不足
・大人社会の競争激化
・競争至上主義社会の影響
・低レベルなテレビ番組
・心に余裕のない大人が増えていること
・食品添加物や甘いもの、動物性タンパク質などの摂取過多
などが、急激に高まっていることによると考えられます。

また、情報化社会やいじめ撲滅の為に躍起になっているという現状があり、その為今まで水面下に隠れていたいじめや暴力事件があぶりだされるようになったというもの、件数が増えている要因の一つになっているようです。

いずれにしても、いじめや暴力事件は個人の未来を奪う撲滅すべきことであり、一刻も早く改善すべきだと思います。その為には個人個人が全て加害者、被害者になり得るという自覚を持ち、折を見てクラスや家族でそのことについて話し合い意見をぶつけ合うなどをする必要があります。

これら撲滅の取り組みについては、国を挙げて改善に取り組むことも大事ですが、私は親や教育者も含め個人個人の意識をいかにして引き上げるかということの方が大事だと思います。

一つの例ですが、学校や職場においてはクレドのように張り紙や手帳にて道徳や人権の大切さを明確化し、毎日唱和して意識を高め合うなどの取り組みが効果を発揮します。



一日も早くいじめによる悲惨なニュースが紙面をにぎわす事のない社会が訪れることを祈ります。







sagnrihtti.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい

FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ