こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。今日は娘が遠足なので晴れて本当によかったと思います。


さて、「当店の男性不妊相談について」ということですが、最近、男性不妊を訴える方が非常に増えています。以前は不妊といえば女性が原因という風に決めつけるという風潮がありましたが、それは間違いであり、現在は男性側と女性側双方同じくらいの割合で不妊に至る原因があるといわれています。

そのような実情があることから、当店においても以前は不妊症といえば女性が圧倒的に多かったのですが、最近は男性の方の割合が全体の1/5程度を占めるまで増えてきています。

そんな男性不妊ですが、女性と比べ明らかに異なる部分があるのです。その異なる部分とは「続かない」ということです。女性の場合はほぼ途中で来なくなるということはないのですが、男性の方は今までほぼ途中(一か月~半年)でフェードアウトしてしまいます。

理由は私の接客が悪いのかもしれませんが(汗)、多分、男性的な脳のメカニズムが原因なのでは?と思っています。私もそうですが、男性の場合自分が納得できるような形で成果が見えてこないと続けることが出来ないのだと思います。

女性の場合はメカニズムを追求することなく、「何となく信用できそうだから」「体の調子が何となくいい感じだから」という、感覚的な部分で行動する傾向がありますが、男性の場合は「数値として変化を把握できる」「見た目で明らかな変化が見て取れる」など、数値などで納得できるような変化がないと行動に移ることが出来ないという脳の癖があります。

その癖が漢方薬というゆっくりとした変化を特徴とする治療法に合わないのかな~なんと思ったりしています。


ついこの間も、約1時間かけてじっくり説明してご納得頂き漢方薬をご購入頂いたのですが、とうとうその後三ヶ月経過してもお見えになりません。

このように心折れそうになるご相談が続いていますが、更に説明する話術を磨きつつ、納得頂ける漢方薬をご紹介すべく漢方の知識を身に付けて行きたいと思っています。

お越しになられる男性不妊の方に言っているのですが、精子の状態改善には最低でも半年という時間を要します。なので、漢方による不妊治療を行う際にはなるべく腰を据えて、服用に見合う変化を期待せずに続けるというスタンスが大事になります。

男性不妊は漢方薬で治せない状況の場合もあります。「膿精子症」や「精索静脈瘤」「完全な無精子症」などはそれに値しますので、これらの症状の場合は専門の医療機関にて治療を行うことをおすすめします。

それ以外の
・老化による精力の低下
・ストレスによる男性ホルモン低下
・内臓の機能低下による精力低下
・過労による精力低下
・先天的体質による精力低下
などには漢方薬が有効です。ぜひご利用くださいませ。



heiho.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ