こんにちは^^昨日とは打って変わり、素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。店の外をトンボたちが気持ちよさそうに飛び回っています。


さて、「寒くなると足の乾燥が気になるというお客様」ということですが、毎年この時期になると多くなるのが「肌の乾燥」を訴えてご来店なさるお客様です。

なぜ肌が乾燥するのか?ということですが、単純に外気の感想と気温の低下だけではありません。もちろん、その影響によって痒くなるのも間違いないですが、もしそれが全てであれば全ての方が肌の乾燥を訴えるはずです。にもかかわらず、一部の人しか訴えないということは、それが全てではないという裏付けになります。

ではなぜ人によって乾燥する人としない人がいるのでしょうか。

現代医学的な考え方をもとにした痒みの原因及び改善法としては
・アミノ酸
・ビタミン
・ミネラル
・ムチン
・血流を良好にしてくれるビタミンEやアスタキサンチンなどの各抗酸化物質
などを不足しないように万遍なく摂取し

逆に
・アルコール
・カフェイン
・甘いもの
・辛すぎるもの
・ストレス
・偏食
・寝不足
・冷え
などは潤いを低下させるので避けるようにするとされています。

漢方の知恵を元にして考えると、肌の感想は「陰虚(いんきょ)」といって体全体の水分量の減少がもたらすと考えています。陰虚になってしまう要因としては先ほど現代医学で挙げたものにプラスして
・老化や体質によるもの
・各種慢性病によるもの
・体全体の活性低下
・お血という血の質や流れの悪化
・胃腸や肝、腎の弱り
なども併せて考えるようにします。そして、その方の原因に合った治療法を用いるようにします。特に多いのがストレスによるものと、胃腸虚弱による栄養障害です。

ストレスによる場合にはストレスを解消するような生薬と補陰作用のある生薬を同時に用いるようにし、胃腸虚弱による場合には胃腸の働きを向上させ栄養の吸収率をアップさせるような生薬を用いるようにします。

以上の場合にはさほど深刻な病気による痒みではありませんが、中には「黄疸」といって胆汁が血液中に混ざることにより痒みが発生するケースもあります。黄疸は肝機能障害や胆道ガンなどの特徴的な症状であるので、もし
・白目が黄色い
・尿が濃い
・だるい
・風邪のような症状が続く
・発熱
などが付随するようであれば、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。


肌の痒みでお悩みの方は、ぜひみやわきまでご相談下さいませ。





karekare.jpg


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ