こんにちは^^昨日とは打って変わり今日は朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。ニュースにて、今年はエルニーニョ現象の影響により暖冬になると予想されていると報道されていましたが、もし本当だったら朗報ですね。(エルニーニョ現象は温暖化によって引き起こされるので環境面から考えるとネガティブなニュースになります・・・)


さて、「中途覚醒の正体」ということですが、皆さん朝まで熟睡されていますか?夜中に何度も目が覚めたりしていませんか?もし、「何度も目が覚めて、一度目が覚めるとなかなか寝付けない」という方は中途覚醒という睡眠障害に陥っているかもしれません。

現代医学では、中途覚醒(夜間に目が覚めてその後頭が冴えて中々寝付けない)はストレスや血糖値の低下によるものとされています。

ストレスによって脳の過興奮あるいは、昼間の興奮性低下により、自律神経のリズムが障害されて、夜間静まっているはずの交感神経が亢進することにより中途覚醒が引き起こされます。

次に、血糖値の低下による中途覚醒ですが、人間の体は夜間眠っている時は食べ物から吸収される糖を栄養としているのではなくケトン体を栄養として生命を保っています。なので多少低栄養になっても生命及び睡眠の質に影響しないようになっているのですが、糖尿病やストレスなどによって血糖値が正常に保たれていない時や、慢性病や老化、体力の低下によって代謝機能が低下していると、上手にケトン体を作り上げることが出来ない為にエネルギーが不足し中途覚醒の原因になります。

これら症状を改善するためには
・ストレスから遠ざかる
・運動や友人との談笑などにより脳をリラックスさせる
・昼間は心身を活動的にし、夕方以降は沈静化するといったリズムを重視した生活習慣を送る
・甘いものや脂っこいもの、炭水化物を食べ過ぎない(タンパク質をしっかり)
・添加物などを控えめにする
・アルコールを控える
・寝る前にはテレビやスマホ、ゲームはしない
・細かすぎる作業、画面の凝視を控える
などを心掛けるようにします。


漢方による中途覚醒の弁証としては、心火、肝火、気虚、肝虚、肝鬱、陰虚、血虚、お血など様々な要因が考えられ、その原因により治療法が異なります。漢方はこのような細かい弁証により原因を特定することが出来るので、ピタリと薬が合えば速やかに効果を得ることができますが、根が深い(原因が大きすぎる場合)は何年もの時間を要することもあります。


いずれにしても、まずは自分で原因を考え生活スタイルを変えたり、脳への悪影響の少ない漢方などで対処することを行い、病院で処方される睡眠薬は「最後の砦」的な使い方をする方が健全です。

というのは、もし糖尿病の初期などがありそれが原因で睡眠障害が引き起こされている場合、自らの体を顧みるということをしたケースでは改善の方向に向かうことが予想されますが、単に薬だけに頼った場合には改善に向かうことは予想されないばかりか、逆に睡眠薬依存に陥り健康を損ねることが考えられるからです。

自分の体に何か今までと違う現象が引き起こされた時には、まず生活を顧みるということをするようにしましょう。(あまり神経質すぎるのも考えものですが)




meri-go.jpg



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ