こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。晴れて気持ちはいいものの、気温の方が低くなっていますので風邪など引かないように注意して下さいね。


さて、「最高に泣ける映画」ということですが、今日はちょっと趣向を変えて、泣きたい時に泣ける映画をご紹介したいと思います。

泣ける映画の代表的な作品といえば
・ショーシャンクの空に
・海の上のピアニスト
・ライフイズビューティフル
・手紙
・アルマゲドン
・火垂るの墓
などがありますが、私が今まで観た中で一番「大泣き」してしまったのが

「シンドラーのリスト」です。

シンドラーのリストという映画は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1993年のアメリカ映画です。スピルバーグ監督が10年の構想を経て作り上げた大作というだけあり、翌年の第66回アカデミー賞では12部門にノミネート、そのうち作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、美術賞、作曲賞の7部門を総なめにしました。

映画の舞台はナチスドイツ時代を背景にしたもの。ナチスドイツにより囚われたユダヤ人が次々と虐殺される中、ユダヤ人を救おうと一人のドイツ人実業家が立ち上がりました。その実業家こそ映画の主人公であるオスカーシンドラーです。

シンドラーは収容所に収容されているユダヤ人を引き取り自分の工場で働かせます。そんな時近くの収容所に赴任された所長が残虐な性格であり、次々と収容されているユダヤ人を殺戮していきます。その魔の手はやがてシンドラーの工場で働くユダヤ人にも及ぶのですが、その魔の手からナチスとの関係性を保ちながら必死にユダヤ人を守ろうとするシンドラーの正義が胸を打ちます。


この映画はほぼドキュメントとされていますが、実際には違うという話もあり度々議論を呼んでいます。
スピルバーグ監督は、この映画による報酬を「血に染まった金は受け取れない」と受け取りを拒否したというのは有名な話です。

モノクロ作品で終始淡々としたストーリーとなっていますが、それ故に暗い歴史が上手く表現されているともいえます。195分という長時間映画となっていますが、全く時間を感じさせない素晴らしい映画、そして最高に泣ける映画です。思いっきり泣きたい!という方はぜひ!感動したい!という方にもおすすめです。






この音楽を聴いただけで目頭が熱くなります。
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ