こんにちは^^いつもはブログを書こうと決めた時は1分もたたないうちにタイトルが浮かんでくるのですが、今日は5分も考えてしまいました。年は取りたくないものです・・・。


さて、「ジュースをやめて緑茶を飲もう」ということですが、皆さん緑茶飲んでますか?私は毎食後かならず温かい緑茶を飲むのが習慣になっています。緑茶は日本食や和菓子とよく合い、食べた後に飲むと本当に美味しく感じます。また、温かいので飲んだ後に何となく心も体もほっこりします。

緑茶の健康効果をざっと書きだします
・感染症抑制効果(ウイルス、細菌殺菌効果)
・血糖値の調整(糖尿病抑制効果アリ)
・口臭、歯周病、虫歯予防効果(口内を殺菌)
・ガン予防(ポリフェノール・カテキンの効果によるもの)
・血管保護効果、動脈硬化予防効果(含有する抗酸化作用による効果)
・脳血管障害や心臓病予防(含有されている抗酸化作用による効果)
・美肌、老化防止効果(含有されている抗酸化作用による効果)
・胃腸の働きを保護、強化(胃腸の働きを活発にすると共に、粘膜保護作用もあります)
・免疫調整、体臭予防(アルカリ食材なので免疫強化及び体臭予防作用がある)
・肥満予防改善(脂肪の分解能力を高めます)
・脳機能を良好に保つ効果(カフェイン、テアニンなどの物質により脳の機能維持に役立つ)
・体の成長を促す(亜鉛が豊富に含まれているため)
・便秘予防効果(カテキンには便秘改善効果がある)
・精神安定効果(カフェイン、テアニンはセロトニンの分泌を促す)
・寿命が長くなり死亡リスク低下(研究データから明らかになっています)

これらは多くの研究から明らかとなっていることであり、ほぼ間違いない効果です。とはいっても、沢山飲めばそれだけ効果が高くなるということはなく、緑茶であれば一日3杯程度(約400~500ml)で十分の効果を発揮してくれます。それ以上摂取すると逆にデメリットの方が高くなるというデータもありますので飲みすぎには注意が必要です。

幸いにも我々日本人は緑茶は非常に身近な存在であり、上質のものが比較的安価で手に入ります。基本的には温かい煎茶として摂取するのをおすすめしますが、真夏などで暑い時はアイスで頂くようにしてもいいでしょう。

特にこれからの季節は
・インフルエンザ
・RSウイルス
・ノロウイルス
・アデノウイルス
などのウイルス性の風邪や
・溶連菌
・マイコプラズマ
といった細菌性の風邪が流行する季節なので、緑茶を積極的に摂取して予防に繋げることをおすすめします。更に
・O-157
・大腸菌
といった食中毒菌などにも効果を発揮します。体力が低下しがちになり、感染症に羅漢しやすくなる冬は正に緑茶の出番といえそうです。




ngroehjo.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ