こんにちは^^朝から素晴らしい寒さとなっているここ鹿嶋地方です。厳しい寒さが続いていますので、体を冷やして体調を崩さないように注意して下さいね。


さて、「投票って絶対にすべきなの?」ということですが、昨日は衆議院議員の投票日でした。皆さん投票しましたか?私はもちろん投票しました。

そんな投票ですが、昨日の投票率は52%ということで戦後最低となりました。それに対して、ネットでは投票は本当にすべきなのか?という議論が巻き起こっています。

①投票したい党が見当たらない
②各党の政策に賛同できない
③政治に無関心
④行く暇がない

など様々な理由があり選挙には行かないという人が多いようです。これに対して③、④は論外として①、②に関しては議論の余地があります。

投票したい党が見当たらない・各党の政策に賛同できないという考えに関しては、もちろん自分自身の考えに合致していない政党がなければ投票しないというのも手の一つだと思います。今回の選挙はそれを象徴しており、これは私の予想ですが、解散に対しての大義がない為に「選挙自体に意味がない」と考えている方が多いが故に低い投票率になったのだと思います。

私は国民は常に政治に関心を持ち選挙には必ず参加すべきという意見を持っていますが、今回の選挙のように「大義がない為に辞退する」というのも一つの政治参加、投票参加だと思います。このように政治を自分なりに理解し、そして方向性を決めたならばそれは投票しているのと一緒です。

問題は③、④の全く政治に関心がないというケースです。民主主義国家で生活する以上、その健全性を保つのはリーダーシップです。そして、そのリーダーシップを評価したり暴走をストップさせるのがそこで暮らす国民です。その手段としてあるのが選挙ということになりますが、無関心はその根幹を揺るがす忌々しきことなのです。

とはいっても、本来は自由であり本人の意志を尊重するということも大事であり、それこそが民主主義の意味であるともいえます。この辺が難しいことなのですが、基本的には政治に関心を持ち参加するということを大前提とし、それを一人一人に喚起し、後は個人の判断に任せるというスタンスに落ち着くのかなと思います。


ということで、まとめると今回の投票率低下は無関心によって下がったのではなく、
「入れたい政党がない」
「選挙に意味を感じない」
という民意の表れだと思います。よって、安倍政権は大勝したと喜ぶのではなく、この民意をくみ取り今後どのようにして政権運営に取り組むのかを考えて頂きたいと思います。

個人的には
・老人ケアに対するきめ細かい配慮(労働環境や介護助成金など)
・具体的な社会弱者への配慮
・環境問題への配慮
などを推進し、医療相談所を設置して医療費を削減することや、高額所得者より税金を多く納税してもらうことなどにより国の財政問題を早期に解決するというような改革を望んでいます。



rereh.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ