こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。天気はいいものの、空気の方が乾燥していますので風邪に感染する方が増えているようなので保湿、うがい手洗い、換気で予防して下さいね。


さて、「インフルエンザと漢方薬」ということですが、通常インフルエンザというと重い場合は命に関係するので医療機関にて治療を行うというのが大前提となりますが、漢方における治療法も十分選択肢としておすすめ出来る治療法です。

とはいっても
・10歳以下の子供
・70歳以上の老人
・虚弱体質
・慢性病がある方
・風邪を引くと重症になる方
などは病院にて責任ある治療法を選択すべきだと思います。漢方療法は有効な手段ではありますが、今の日本では西洋医学が主流となっていますし、様々な治療法を包括的に選択するという上でも病院治療を選択するというのが当たり前となっています。

しかし、以上が大前提ではありますが、症状の出方は免疫力に大きく左右されるという特性がありますので、免疫力がしっかりしている人がちょっとした風邪程度で病院を受診するというのも考えものです。私の友人に風邪を引きたいとけど42年間一度も引いたことがないという人物がいますが、友人曰く、いくら重症の風邪患者と一緒にいても鼻水程度はあるが、体を休めなければならないという程にはならないといいます。

このような強靭な免疫力を持つものが、近親者にインフルエンザ羅漢者がいて、自分もちょっと喉が痛い程度で何が何でも病院を受診しなければならないということはありません。

そのようなケースには方法の一つとして漢方療法をおすすめします。漢方療法には主に2種類の治療法があります。一つ目は体を温め、更に緊張を取り免疫力を向上させるという方法です。もう一つの方法は細菌やウイルスがとり付いた場所の過剰な炎症反応を抑制しつつ、細菌やウイルスを直接撃退するという治療法です。

始めに紹介した体を温め免疫力を向上させる漢方薬としては
・葛根湯
・麻黄湯
・桂枝湯
・参蘇飲
などがあります。これらをその人の症状、体質に合わせて用いるようにします。

二番目に紹介した炎症を抑制して直接ウイルス細菌を撃退する漢方薬としては
・銀翹散(天津感冒片)
・板藍茶
・白花蛇舌草
・甘草湯
などがあり、先ほど同様その人、体質に合わせて用いるようにします。

また、最近利用を始めたのですが、枯草菌を原料とした「バイタレジーナ」というサプリメントも服用するという方法もおすすめです。バイタレジーナのカプセルを外し直接口の中にまぶすようにして唾液で飲み込むと、口~大腸内で増殖し、その増殖の際に酸素を奪って増殖するのでウイルスや細菌の増殖を抑制します。この働きにより、風邪症状の改善に効果を発揮します。予防、症状改善両方に効果を発揮します。


以上、インフルエンザのひき始めに効果を発揮する漢方薬のご紹介になります。その他、風邪を引いてから3日以降後に服用するものや、こじれた長引く症状に用いる漢方薬は異なります。そちらの漢方薬もご紹介したいのですが、非常に多種多彩になるので割愛させて頂きます。毎回不快な症状が長引いて困る・・・という方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



1421137511656.jpg





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ