こんにちは^^今年は本当に寒い日が続きますね。毎年この季節になると寒さにも慣れてくるのですが、今年は一向に慣れる気配がありません。


さて、「副作用のない腰痛の薬!漢方薬」ということですが、ついこの間お越しになったお客様の体験をご紹介します。

当店にお越しになるまでの過程:腰痛がひどく、長い間病院に通っていました。治療効果は一進一退で、薬を飲んでいる時は効いている時と全く効かない時とがあり、薬が効いていない時は痛くて身の置き所がないという状態が続いているといいます。病院に相談すると薬が追加され、その薬を飲むと痛みは和らぐのですが副作用でめまい、眠気、記憶障害などが起こるといいます。それが怖いので服用をやめると再び強烈な痛みに襲われることの繰り返しだったといいます。

以上のような治療を経て漢方治療を試してみようと当店を訪れました。

当店にお越しになった時の状態としては
・腰椎の間隔が狭くなっていることによる神経の圧迫(風呂上り以外四六時中腰及び下肢が痛い)
・ストレスを強く感じている
・腰に限らず痛みに敏感
・冷えを感じやすい
・疲れやすい
・体が硬い
などがあります。その他
・食欲正常
・既往病なし
・下痢便秘ナシ
で特に素体に問題があるわけではありません。年齢は65歳女性。望診疲れた感じはなく中肉中背。舌はやや淡く裂紋少々苔普通。


以上のこのお客様の状態としては、肝鬱(血液や津液の流れが悪く情緒不安定)、陽虚(心身が疲れ冷えている)などがあり、直接の原因は老化による筋骨の疲れや、筋肉の緊張により患部の血流が悪いこと、脳の興奮背増大により痛みを誇大評価していることなどが考えられます。

よって、痛みの軽減+筋肉栄養する+冷えを改善するといった効果のある「独活寄生丸」と、脳の興奮性を軽減し痛みの認知度を下げる効果のある「桂枝加竜骨牡蠣湯」をおすすめさせて頂きました。

その結果・・・

約2週間の服用で痛みは半分に消え、その後3か月の服用で8割がた痛みは治まっているとのことです。その後は独活寄生湯だけを再発防止、痛み軽減のために服用し続けています。漢方薬は以前の薬のように副作用を感じることはなく、逆に冷えを感じにくくなり調子がいい!と喜ばれています。

以上のように漢方薬は使い方にもよりますが副作用を感じないで長期にわたり服用することができ、更に効果の方もシャープではありませんが確かなものがあります。お悩みの方はぜひ漢方薬を試してみて下さいませ。



kamosann.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ