こんにちは^^今日は日中暖かかったですね。2時頃ちょっと外に出る機会があったのですが、まるで春のように暖かかったです。このまま三寒四温で春に近付いて行くと思うとちょっと嬉しくなりますね。


さて、「足のつりと芍薬甘草湯」ということですが、最近寝ている時に足がつって困る・・・というお悩みでご来店なさる方が増えています。

足のつりは主に
・筋肉の疲労
・電解質不足
・血行不良

などによって引き起こされます。

筋肉疲労は主にスポーツの後など、筋肉を酷使した時のみ足がつるのが特徴です。よって、筋肉を酷使したわけでもなく慢性的に足がつる場合には電解質不足か血行不良かということになります。

電解質不足は体内のミネラルバランスが何らかの原因で崩れ、電気信号によって動く筋肉が障害されて足がつります。電解質バランスが崩れる原因としては老化や疲労、肝腎機能の低下、食事のバランス悪化などにより引き起こされます。

血行不良はその名の通り血液の流れが悪くなり筋肉の疲労を招き痙攣するというものです。冷えや疲労、老化、緊張、ストレスなどが原因になります。

以上が主な足のつりの原因になります。その足のつりに最も用いられている漢方薬というのが「芍薬甘草湯」です。芍薬甘草湯は芍薬と甘草から生成されている単純な漢方薬で、足のつり以外にも筋肉の痙攣による痛み全般(腹痛、腰痛、背痛、生理痛など)に用いられています。

なぜ芍薬甘草湯が効くのかというと、主に芍薬の持つ「筋肉の緊張を抑制する効果」と甘草の持つ「ナトリウムを停留させる効果及び炎症を抑制する効果」などによります。筋肉の緊張による痙攣や血流悪化を改善し、更に電解質異常を調整し痛みの原因になる炎症も取り去るという効果があるので足のつりに効果を発揮します。

ここまで書くと「なんて素晴らしい薬なんだ!」と思う方が大半だと思います。事実この薬は素晴らしい効果を発揮し、一過性、慢性共に筋肉の痙攣、痛みを速やかに改善する効果を持ち、お使いになられるお客様から大いなる支持を頂いています。

しかし、効果が高いということは副作用も懸念されるということを忘れてはなりません。芍薬甘草湯はナトリウムを停留させるという効果があることから、体に水分を停留させる効果を有します。腎臓や血管が若く増えた水分を速やかに排出出来るならばそれほど副作用の懸念はありませんが、老化によりそれら機能が衰えていたり、体質によって偽アルでステロン症を引き起こすような方は注意が必要です。

これら注意が必要な方が芍薬甘草湯を服用すると(特に長期に渡り)、体内のミネラルバランスが乱れ命に係わるような筋肉の誤作動を引き起こすことがあります。特に心臓の筋肉が誤作動を起こすと不整脈となり、それにより命を落とすこともあります。よって、漢方薬だから大丈夫という都市伝説を信じるのではなく、きちんとリスクなどを踏まえ服用するということを行わなければなりません。

これは薬を出す者の責務でもあるので、漢方薬を購入する際にはきちんとその旨を説明してくれるところより購入するようにしましょう。


1423732rgreihi180741.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ