こんにちは^^朝から素晴らしい天気になっているここ鹿嶋地方です。気温の方も上昇しており、日向にいると春を思わせるような暖かさを感じます。


さて、「フッ素って安全なの?」ということですが、皆さんフッ素って何かご存知ですか?一番認知度が高いのが虫歯予防として歯磨き粉やうがい薬に含まれているフッ素だと思います。そのフッ素の安全性についてご紹介します。

まず、フッ素は歯磨き粉などに含有されている添加物が有名ですが、一般的な食べ物にも含まれています。多いものとしては魚介類や紅茶、ウーロン茶、穀類などで、その他幅広い食べ物に含有されています。

更にヨーロッパやアメリカの一部では虫歯を予防するために水道水に添加されている地域もあるようです。

そんなフッ素ですが、ネット上では安全という意見と危険という意見とに分かれています。一般的に歯科医などの信頼のおけるサイトでは安全とされていて、個人のサイトでは危険とされている傾向があるようです。

よって、普通に考えるなら歯磨き粉や虫歯予防薬程度であれば問題ないと判断するのが普通だと思います。私自身もその意見に賛成であり、自分で研究していない以上、ネットや学術誌などを参考にするしかないので、規定量以内であれば体に対するリスクは軽度であり、虫歯や骨を丈夫にするというメリットの方が勝ると思っています。

しかし、最近安全とされている量でも長期に渡り摂取し続けていると、甲状腺機能低下を引き起こしたり、精神的な抗鬱状態を引き起こす、認知機能低下、IQ低下などを引き起こすといった研究結果が相次いでハーバード大や信頼のおける疫学専門誌に掲載されています。

これら問題は決して無視できるものではなく、特に小さい子供や排泄機能である腎機能が低下した方々(老人など)には深刻な悪影響を及ぼすことがあるということを認識しておかなければなりません。

以上により、まとめとしては基本的に歯磨きや通常の飲食による適度の摂取量では怖がる必要はないですが、高濃度フッ素含有のうがい薬の頻回使用、フッ素含有の水道水やウーロン茶、紅茶などの過剰摂取など過度の摂取が懸念されるような場合には注意が必要だと考えられます。特にヨウ素の摂取不足や影響の大きい小児、排泄機能が低下した腎臓病の方、高齢の方などは慎重にすべきです。

フッ素含有の歯磨きやうがい薬は吐き出すので問題ありませんよね?と思われがちですが、吐き出しても口に含むことにより舌の血管や口腔粘膜から吸収されてしまいます。よって、吐き出しても必ず少量は吸収されるので安全とは言い切れません。

私自身もう20年以上に渡りフッ素を含有しない歯磨きを使用していますが、歯医者にかかったのは一度だけです。フッ素塗布による虫歯治療効果は間違いないことですが、フッ素を塗布しなくても朝晩しっかり歯磨きしていれば虫歯になることはないと思います。もちろん体質により虫歯になりやすい方もいらっしゃると思いますので、そのような方は適度にフッ素を利用して虫歯予防に努めるのが賢明だと思います。




ewger.jpg


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ