FC2ブログ



こんにちは^^曇り空でなんとなく湿気が多く、モワッとした重たい感じの陽気となっているここ鹿嶋地方であります。

こんな日に辛いのが、タイトルにある「めまい」をお持ちの方ではないでしょうか。そのめまい、今まで何度かこのブログでも書いてきましたが、また懲りずに書いていきたいと思います。(毎日思いつきで書いているもので・・・)


そのめまいの原因で多いものと言えば、圧倒的に「体内物質の不足」です。血、津液、精、気など人間が生きていくために必要なものが不足している場合が多いです。体内をまんべんなく栄養で満たし、潤いを持たせ、気力を起こさせる元となるものが不足しているのです。

ほとんどのめまいを訴える方は、少ない栄養を最も重要な脳に栄養を送ろうと体が頑張っている状態なので、常に体が緊張している傾向にあります。この状態では、栄養(陰血)の体内分布が極端に偏った状態となっているので、めまいが発生するのです。

そうなる原因は
○胃腸が弱く栄養を作り出せない
○腎が弱く栄養を陰血に転化出来ない
○過剰なストレス、不安、緊張
○働き過ぎ、精の消耗しすぎ
○偏った食生活、冷飲食、甘いのものの過剰摂取、ダイエット
○運動不足
○生活リズムが一定しない、昼夜逆転の生活リズム
○更年期などでホルモンが急激に変化する時
○先天的な体質
などが考えられます。

改善法としては、○に当てはまり自分で改善できるものは自分で改善し、出来ないものに関しては病院治療や漢方薬の出番となります。

この場合のめまいの改善は、血や津液、精の不足なので、その不足が改善されないと治りません。飲食物が栄養に転換されて、例えば不足した血に変化して、めまいの原因となる不足した分を補うのにはそれなりの時間が必要になります。(最低2ヶ月で、精が不足している場合は6ヶ月)ので「あせらずゆっくり治す」我慢が一番大事なのではないでしょうか。

漢方薬では
☆苓桂朮甘湯、半夏白朮天麻湯、補中益気湯、抑肝散加陳皮半夏、半夏瀉心湯、帰脾錠、加味帰脾湯、黄連阿膠湯、婦宝当帰膠、パナックスケイギョク、衛益顆粒、参馬補腎丸、至宝三鞭丸、海馬補腎丸、参茸補血丸、鹿茸大補湯、杞菊地黄丸、麦味地黄丸、知柏地黄丸、高圧丸、八味地黄丸、天王補心丸、清心丸などなどを、症状によって1~3処方を同時に用いるようにします。



と言う事で今週も頑張っていきましょう!!



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ