こんにちは^^今日は気温自体は平年並みだったものの、最近まで暖かかった日が続いたためか、何となく寒いような感じがします。


さて、「電気を電力会社から買うという時代の終焉」ということですが、最近は地球温暖化が進んでいるためにCO2削減が世界中で叫ばれています。これは人間が自然界に生活していく上で当然の責務であり、今後益々今までのつけを支払う羽目になるでしょう。

そこで台頭してきたのが再生可能エネルギーです。太陽光パネルに風力発電、地熱発電など様々なCO2削減に繋がる発電方法が発展を続けています。国も今まで国際会議にてCO2の削減という点でリーダーシップを担い、積極的に再生可能エネルギーの利用を進めています。

国はすすめる過程で「買取価格を高く設定する」という甘い蜜で参加者を誘導しCO2削減を拡大しようとしたのですが、ここで問題が発生。なんと買取価格を高く設定しすぎた故に従来の電気代では採算が合わないという事態に発展しています。

昨日の日経新聞には、一年後には今の電気代の倍近くになるという試算がなされているとの記事が掲載されていました。現在は何とか持ちこたえているものの、今年度中に建設された大規模太陽光発電が来年度に稼働されることにより、電気代が跳ね上がるということによります。

この先は詳細な計算をしていないので何ともいえませんが、恐らく電気代が倍に跳ね上がると自ら太陽光パネルを購入し発電した方が電気代が安くつくとことになるのではないかと試算しています。現在、太陽光で発電された電気は溜めておくことが出来ないので売電という方法を用いていますが、住電のレドックスフロー電池のように規模の大きい蓄電システムが台頭してくることによりこの問題は解消され、自分の家で発電した電気を昼間は貯め夜に使うということが出来るようになります。

2016年度から電力が自由化されます。それにより、より小規模の発電所が各所に建設され、サービスや価格競争が激化すると考えられます。各家庭の発電は先ほどの自家発電が主流になると予想できますが、公共施設や企業などは小型の水素発電所をメーカーに依頼し、それを利用するという電力分散の形態が主流になると思われます。

以上は私の勝手な妄想ですが、恐らくこれからは蓄電池とセットになった再生可能エネルギーや水素発電による小型発電が主流になり、バカでかいインフラや人材を必要とする発電システムは衰退していくと思います。




kougyf.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ