こんにちは^^引き続き気持ちのいい青空の一日となりましたここ鹿嶋地方です。このまま週末は気持ちのいい天気になるのかなと思っていたところ、何と明日はにわか雨の予報が・・・。お出かけの際はにわか雨に注意して下さいね。


さて、「アトピー性皮膚炎の原因は黄色ブドウ球菌とのニュースについて」ということですが、昨日このようなニュースが飛び込んできました。「http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150422/k10010056361000.html」NHKニュースより抜粋

マウスの実験ですが、アトピー性皮膚炎を発症する特殊なマウスを調べたところ、「黄色ブドウ球菌」という細菌の一種が検出され、その細菌に効果のある抗生物質を投与したところ、アトピー性皮膚炎を発症することがなくなったということです。

発表では、アトピーの改善に繋がるセンセーショナルな研究結果というような締めくくりをしていますが、以前よりアトピー性皮膚炎には二次感染として黄色ブドウ球菌などの細菌が関与していることは既知でした。

もし仮に黄色ブドウ球菌が原因でアトピー性皮膚炎が引き起こされているとしたら、全身くまなく皮膚炎が起きている事象をどのように説明するのか?ということが頭に浮かびます。

アレルギーではなく細菌感染症であるならば、恐らく黄色ブドウ球菌がいる場所だけに病変が起こると思います。また、特に多いとされる鼻周辺に症状が集中することでしょう。

以前にも同じようにアトピーの原因は真菌だというニュースもあり、いつのまにか世間から忘れられているという事例があったことから、恐らく今回もたまたま原因の一つとして黄色ブドウ球菌があったという程度のものではないかと推測されます。

人間の皮膚には真菌もいれば黄色ブドウ球菌などの細菌もいます。これらの菌は健康な皮膚では悪さを出来ませんが、アトピーの方のように皮膚の状態が悪化している場合には、容易に栄養を取りこむことができ、更に炎症反応を起こしやすいことから皮膚炎を起こしやすいということがいえます。

今回の実験で抗生物質の投与で皮膚炎が治ったと書かれていますが、それは細菌が一つのトリガーになっているというだけであり、恐らく何度でも感染しアトピー性皮膚炎を発症するであろうと思われます。

その度に抗生物質を飲むのはナンセンスですね。体へのダメージが大きすぎます。

細菌感染や真菌感染などは先ほどもいいましたがトリガーなだけであり、原因はそれらの浸入を許してしまう免疫の低下なので、免疫を向上させるという方法が治療法になります。

免疫は幼少期に作られるものなので、その時に外遊びや動物などとそれなりに触れ合う、運動をする、日光浴をするなどを行いつつ、体に合った漢方薬などで体力と免疫を向上させるという方法がおすすめです。

大人になってからでも体質を改善させることは可能なので
・日光浴をする
・規則正しい生活を送る
・適度な運動
・動物性脂質や酸化された油は控えめに
・食物繊維をしっかり摂取する
・炭酸飲料、甘すぎるもの、アルコール、添加物過多、食べ過ぎはNG
・乾布摩擦や冷水シャワーを取り入れる
・カルシウムをしっかり摂取する
・腸内環境を整えるような食べ物(納豆、ヨーグルト、食物繊維、キノコ類、漬物など)を積極的に
などを心掛け、腎精を補うような作用のある漢方薬を長期に渡り摂取するようにします。


お悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。




grgre.jpg



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい

FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ