FC2ブログ
P4160083_convert_20080623171856.jpg

のんた君走る!


こんにちは^^梅雨の中休みといった感じで、爽やかな晴れとなりましたここ鹿嶋地方であります。晴れってやっぱり良いですよね!


ということで「咽の痛み」と言う事ですが、一年中起こりうる風邪の一症状ですよね。

重い細菌性の強烈な咽の痛みなどは、免疫力、腎機能がかなり低下しているサインであり、今回の今から書く「ウイルスなどによるありふれた咽の痛み」とは違う症状となります。


一年中「風邪引いたかも~」「咽が痛いの」と常連さんがご来店されます。


この咽の痛み、ウイルスによるものが一番多いのですが、漢方の世界では『温病』である。とされています。


入ってきたウイルスが扁桃に集まっているリンパと戦って「咽の痛み」が発生するのですが、その戦いによって炎症が発生し、その炎症が過剰な「熱」を発生させる為に「熱っぽくなる」「発熱する」などの症状が出るのです。


このとき大事なのが、「風邪に罹っている自分自身の状態の把握」です。


いくら咽に炎症があっても、体全体は「寒い寒い」と悪寒を感じている場合もあるでしょうし、逆に「火照って火照ってしょうがない」というように感じている人もいます。

その「風邪に罹っている状態」によって用いる漢方薬は違ってくるのです!
(同じウイルス性の咽の炎症なのに面白いですよね!)


「火照り感」を主とする咽の痛みを訴える風邪の初期には「銀翹散」「天津感冒片」が主となります。気を回し湿を取る「小柴胡湯」なんかを合わせると効果が倍増します!


次ぎに「冷え、悪寒」を主とする咽の痛みを訴える風邪の初期には、「桂枝湯」「参蘇飲」あるいはこれらを合方する。などが主となります。咳、鼻水が有る場合は小青竜湯、寒気が軽度の場合は銀翹散などを合方します。


よくある「咽の痛み」ですが、用いる漢方薬は多岐に渡ります。だからピンポイントに効く!という事になるんですけどね~!

風邪は最初の30分が勝負です。漢方を上手に利用できると、風邪を治すのが上手くなりますよピース



最後に、ただごとじゃない長引く咽の痛みは、免疫力(白血球)が低下している可能性があります。根底には腎の弱りが有る場合が多いのですが、治療としては即病院に行く事です。一般薬では太刀打ち出来ませんので、、

治ったらキノコ類が有効です。


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ