FC2ブログ


こんにちは^^相変わらず寒い真冬の天候となっているここ鹿嶋地方であります。インフルエンザの流行が本格的になってきていますので、体調管理に気を付けていきたいものです。


「冬に関節痛が悪化する原因」という事ですが、よく見かける関節痛と言えば「腰痛、膝痛」です。体重を支え、体の中で一番負担が掛かる部位に、痛みが発生しやすいのだと思います。


その下肢の痛みが「冬になると悪化する」という方が多数いらっしゃいます。その原因はと言いますと、「冷え」この一言です。

体が冷えると言う事は
●血管の収縮
●血流の悪化
●関節が硬くなる
●関節周辺の筋肉が硬くなる
●汗が出ないため、むくみ、津液の停滞
●体力全般の低下
などが起きやすくなる事によって症状が悪化するのです。

冬になると体って硬くなりませんか!?
運動しづらくなりませんか!?
むくみやすくなりませんか!?
肌が乾燥しませんか!?
全て「冷え」が原因となって起こる冬特有の不快症状なのです。


もちろん全ての方の体内で起こっている事なのですが、
○体が冷えやすい
○体力が低下している
○神経が緊張、興奮している
といった方に強く症状が出やすい傾向にあるようです。

対策として、防寒はもちろんですが
☆冷たい物は飲まない
☆刺激物(コーヒー、ニンニク、唐辛子など)はあまり取らない
☆適度な運動をして体を鍛える
☆バランスの取れた日本食中心の食事
☆風呂上がりにストレッチやヨガを取り入れる
☆必要以上に水分を摂取しない
☆ストレスから遠ざかる
などが考えられます。

漢方薬としては
独活寄生丸、疎經活血湯、桂枝加芍薬湯、五積散、牛車腎気丸、ケアマックスG、蟻製剤などを主に
各種補腎薬(鹿茸製剤、海馬補腎丸、至宝三鞭丸、杞菊地黄丸など)や
各種活血剤(冠脈通塞丸、冠元顆粒、田七製剤、蛭製剤、地竜など)や
痛みがひどい場合に芍薬甘草、むくみにオウギやヨクイニン、霊芝、麻黄などを用いようにします。


嫌な関節痛が無くなれば良いですね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ