こんにちは^^朝から真夏のような暑さとなっているここ鹿嶋地方です。6月だというので一気に夏のような暑さになると、体の温度調整が間に合わなくなるので体調を崩す方が続出します。自律神経が弱い方は特に症状が強く出ることがあるので注意して下さいませ。


さて、「温かい飲み物と冷たいアイスによる体の反応」ということですが、この時期は温かい飲み物や冷たいアイスのような食べ物を摂取することにより、如実にその反応が出るので体に対する影響を確認しやすくなります。

漢方薬などはこのような反応を利用して生成されているという側面もあるので、ぜひ体の反応を確かめてみて下さいませ。

まず冷たいアイスなどを摂取してみて下さい。食べた後、スーッと顔や胸などの熱が冷めていくのを実感できると思います。脳の興奮も鎮静され落ち着いてくるのが分かるでしょう。このように冷たいものというのは体内の熱をさまし、同時に神経の高ぶりを抑制するという効果を持ちます。

次に温かい緑茶を飲んでみて下さい。飲んだ後、汗がじわっと出てきて顔や胸が暑苦しくなるのを実感すると思います。同時に何となく頭がぼやっとして冷静でいられない感じがすると思います。このように温かいものを摂取すると体が温まるのと同時に神経が混濁し集中出来にくい状況が作られます。

以上の状況は体が必要以上に温まっている状況にて、その熱を除去した時に出る状況と更に温める状況とを比較しています。もちろんこれは異常なほどの急激な暑さによって体内に熱がこもっているという前提であり、体が冷えている場合では同様の感じ方ではなく、逆に温かいものを摂取すると心地よくなるという反応が表れます。

一般的に「冷たいものや生ものはよくない」とされていますが、真夏に体を温める熱いものを摂取する必要性は微塵もありません。体を温めすぎてしまい健康を害します。やはり夏は夏らしく体に生じる余計な熱を除去すべく、冷たいものを適度に摂取するという方が心にも体にも健全です。

とはいっても、冷たいものは胃腸を冷やし機能を低下させるというデメリットがあります。胃腸が強い方ならあまり問題ありませんが、弱い方は覿面にその影響が出ます。よって、先ほども書きましたが「適度に」摂取し、普段は常温~やや低めの温度の水分を摂取するようにするといいでしょう。

また、体を必要以上に冷やすと自律神経が弱ってしまったり、免疫が低下するという悪影響も考えられます。よって、飲食物然りですが冷房なども低くしすぎないようにすることも大事です。

このような寒熱の考え方は漢方に由来するものであり、体に熱がこもっている場合は冷却する。逆に冷えている場合には温めるという考え方により体を調整して疾病を治すという教えを反映しています。

最後に、アイスの上手な利用法ですが、口の中で全てとかして常温になってから飲み込むようにすると、余計な熱を冷まして神経の高ぶりも抑制し、尚且つ胃腸への負担も軽減させることができます。ちょっと、いやかなりめんどくさい食べ方ですが、胃腸の弱い方はぜひお試し下さいませ。



wrttete.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ