こんにちは^^朝から強い雨が断続的に降り続いているここ鹿嶋地方です。週末も引き続き雨が降り続けるかと思うとちょっとうんざりしますね。


さて、「早期白内障をどう考えるか」ということですが、皆さん白内障はご存知ですか?目の水晶体が白や茶褐色に濁り、そのために見るものが白くかすんだり近視が進んだりする疾患です。

一般的には40代では全体の約40%、50代で約65%、60代で約75%、70代では約85%が白内障を患い、80代以降だとほぼ全員が軽重ありますが白内障を発症しているといわれています。

これらとは違い、20代30代でも白内障を発症する場合があり、その場合の多くは角膜に何らかの傷が出来たことの後遺症として発症するケースが多くなります。
【傷が生じる原因】
・打撲
・アトピー性皮膚炎で目をこすったり、ステロイド剤による影響
・ブドウ膜炎
・放射線、赤外線
・網膜剥離
・向精神薬の副作用
などによります。

慢性病としては糖尿病によって白内障を起こす事が多く、目への血流悪化や保水力低下が主な原因とされています。


この白内障を30代後半ないし40代に発症する方の原因を考えてみたいと思います。

白内障は糖尿病で発症する時期が10年早くなるといわれていることから、「血流」がものすごく大事だということが分かります。また、ブルーベリーなどの抗酸化物が効果を発揮するという意味でも血液の流れが大事だということが分かります。

漢方では血流悪化を「お血」といい健康状態を悪化させる諸悪の根源として捉えます。

お血が引き起こされる原因としては
・血液不足
・津液不足
・気虚(筋肉や内臓の働き低下)
・ホルモン不足(男性ホルモン、女性ホルモン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなど)
・肝腎機能低下(血液をろ過する機能の低下)
・痰や脂質など不要物の停滞
・ストレス(ストレスによる血管の収縮又は弛緩)
・寒熱不均衡(体が冷えすぎていたり温まりすぎている)
などになります。この中で若年性白内障の原因として一番多いと考えられるのが
・ホルモン不足
・気血両虚
によるものです。これらが不足すると目の修復がしっかり行われにくくなり、次第に角膜が老化し白化が進んでしまいます。これらが起こる原因としては
・長期に渡る強いストレス
・過度のダイエット、偏食
・過度の労働、強度の強い運動、房時過多
・精神的落ち込み期間が長い(過度の神経質など)
・前向き刺激のない生活
・不規則な生活習慣
・エネルギーの過剰摂取、アルコール、たばこなどの影響
・各種慢性病
・先天的要因
などになります。

実際の漢方治療ではホルモン不足が疑われる場合は杞菊地黄丸+冠元顆となり、気血両虚であればケイギョク膏+冠元顆粒となります。後は寒熱をしっかり弁証してその辺を調整するようにします。

効果の方は上々であり、効果の方がある程度ハッキリ分かる疾患なのでお客様に喜ばれることが多々あります。

気になる方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



egreg.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ