こんにちは^^今日は朝から海風が吹いていて比較的過ごしやすかったここ鹿嶋地方です。東京ではゲリラ豪雨による被害も出ているようなので、くれぐれも天気の豹変には注意するようにして下さいませ。


さて、「水分摂取のデメリット」ということですが、この季節になるといつもこの内容の記事を書いているような気がしますが、懲りずに今年も書いて行こうと思います。

夏になると熱中症になる確率が飛躍的に増します。これは暑さによって人間の体が制御不能となる状態を指し、深刻になると命に関わるケースもあるので注意が必要です。

そんな熱中症を予防する方法としては「汗」があります。汗は単に皮膚から流れている訳ではなく、蒸発する時に気化熱によって体から熱を奪ってくれます。このメカニズムによって体温を下げ熱中症から体を守ってくれるという役割を果たしています。

水分摂取を怠るとこの大切な汗の分泌が滞ってしまい、体温を下げることが出来なくなり熱中症になりやすくなります。

よって、夏は水分を摂取した方がいいということになりますが、取りすぎは逆効果になるので注意が必要です。

現在、OS-1という経口保水液が熱中症予防にいいということで推奨されていますが、確かにOS-1は体液に最も近く速やかに体液となってくれるので脱水予防に役立ちますが、逆にいうと取りすぎは血圧を上げたり心臓や腎臓の負担になることを意味しています。

OS-1には塩分が多めに配合されており、汗によって損失している方は補う必要がありますが、対して汗をかいていないにも関わらず、OS-1と更に食事から塩分を摂取している場合には塩分過多、水分過多状態が容易に作り出されてしまいます。

先ほども書きましたが、塩分過多は体に水分を溜めこむということになりますので
・血圧上昇
・胃粘膜の損傷
・血管への負担増
・心臓への負担増
・腎臓への負担増
・肺への負担増
など様々な悪影響が懸念されます。

よく、安全を優先させた方がいい、ということで、熱中症になるくらいなら水分を沢山摂取しておいた方がいいという意見をききます。これは一理ありで汗を沢山かくようなケースであったり、喉の渇きを感じにくい高齢の方であったりする場合には、死に直結する脱水を防ぐことは重要です。

しかし、かといって一日に15回以上排尿があったり、
・体重が増える
・夜間尿が増える
・体がむくむ
・胃腸機能が低下し食欲が低下する
など、明らかに水分摂取過多の症状があったり、発汗もなく喉が対して渇いてもいないのに水分を摂取しまくるという行動には疑問を感じます。


ケースバイケース、その時の状況によって健康管理することをおすすめします。


愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




fewghjk.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ