FC2ブログ



こんにちは^^連日素晴らしい晴天に恵まれているここ鹿嶋地方です。今日は比較的暖かく、日中は冬の厳しさを忘れてのんびりしている方多いのでは!?


さて「原因不明の歯の痛み」と言うことですが、歯と言うよりは、歯茎が痛むと言った方が正解かも知れません。急性慢性問わず、歯茎の痛みがひどく、歯医者に行くも虫歯は無いと言われ、困り果てている方結構いるのでは!?と思います。


口の中というのは飲食物の入り口です。飲食物というのは腐敗しますので、微量に残った飲食物のカスが腐敗し、口の中は雑菌が繁殖しやすい状況となっていますので、

○ちょっとした傷や歯茎の痩せ
○ストレス、アルコール、過食などによる過剰な体内の熱の発生(免疫の低下、雑菌の繁殖を助長させる)
○甘いものの過食による雑菌の過剰繁殖
○ストレス、過労、運動不足、内臓の疲れによって起こる、血流低下による免疫力低下
○硬いものの食べ過ぎ又は柔らかいものばかり食べるという、偏った歯への刺激

などが原因となり歯茎に炎症が起き、それが「痛み」となって表れるのです。


改善法としましては、外的要因が強い場合(ストレス、過食、飲酒など)は、それらを改善する事が第一です。内臓の弱りや慢性的なストレス、免疫力の低下などが有る場合には、規則正しい生活を心がけ、適度に運動にて体を鍛え、飲食を日本食中心で質素に!と言うことを心がけ、必要に応じて漢方などで、歯の痛みの原因となっている所をじっくりと体質改善していきます。

とは言っても「歯の痛み」はなかなか苦痛です。「生活習慣の見直しは良いから痛みを止めて欲しい!」というのが本音なのではないでしょうか。


痛みを抑えるには、歯茎の過剰な炎症を抑え、殺菌を行う必要があります。

●炎症を抑えるには(普通に服用します)
☆荊艾連翹湯 ☆小柴胡湯 ☆清上防風湯 ☆桔梗石膏 ☆田七人参 ☆銀翹散

●殺菌を行うには(患部にとどめるようにして、唾液で飲み込みます)
☆板欄根 ☆白花蛇舌草 ☆銀翹散 ☆五涼華

などをその方合わせて、1~3処方を用いるようにすると効果があります。



いや~な歯の痛みが無くなれば良いですね!



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ