こんばんは^^今日は午前中から冷たい雨が降ったりやんだりしているここ鹿嶋地方です。このところ本当に雨が多いですよね。スカッと気持ち良く晴れる日が待ち遠しいです。


さて、「肝臓と足のつりの関係性」ということですが、寒くなってくると途端に多くなるが「足がつる」という訴えです。その足のつりと肝臓との関係性についてご説明します。

運動などで筋肉を酷使したという場合を除いて、足がつる原因となっているのが
・血流の悪化
・栄養成分の不足
・水分の不足
です。寒くなると多くなるのは、寒さで血流が鈍り、下半身への栄養供給が滞ることが原因です。

寒くなると血流が悪くなるのは、血中の脂質が硬化しやすくなることや、体が熱を逃がさまいと緊張性を増して体表部の血管を閉じることなどが関係しています。

このように、寒さや疲労によって一時的に足がつる場合は何ら問題ありませんが、肝臓に問題があるが故に足がつる場合もあるので注意が必要です。

肝臓の役割は多岐に渡りますが、
・栄養の生成、貯蔵
・水分保持作用のあるアルブミンの生成
・血液の浄化
・脂質代謝の促進
などの役割が足のつりと関係性が高いです。何らかの要因によって肝臓が弱ると、以上の働きが低下するために体全体に必要な栄養の生成が滞り、水分保持力も低下し、更に血液の質も悪くなりも血流が悪化します。よって、必然的に足がつりやすくなるのです。

足のつり意外に
・情緒不安定
・疲れやすい
・爪が白く濁っている
・肌がくすんで透明感がない
・顔が黒むくんだような感じ
・目が疲れる
・皮膚が痒い
・尿の色が濃い
・眠りの質が悪い(変な夢を見る)
・仕事での間違いが多くなる(記憶力低下)
・シミが急に増えた
・赤いクモ状の斑点が皮膚に出る
・あぶらものが苦手になる
・酒に弱くなる
などの症状がある場合には、肝機能が低下している可能性が高いので医療機関にて検査を受けるようにしましょう。しかし、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていて、状態が悪くても検査数値として出ないことがあります。なので、検査数値にて異常がないからといっっても、症状がある場合には肝臓が疲れている可能性が高いので、生活習慣を見直すなどのアクションを起こすようにしましょう。

現代医学では肝機能を戻すという治療法はありませんが、漢方では古来より肝の不調を改善するのを得意としています。お悩みの方はぜひご相談下さいませ。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ