こんばんは^^朝から12月とは思えない暖かさとなっているここ鹿嶋地方です。エルニーニョ現象の影響でしょうか、この暖かさで年末という気分になれないのは私だけではないはずです。

さて、咳に「五虎湯+麦門冬湯」が効く不思議ということですが、皆さん咳が長引いたりしていませんか?それほど風邪を引いている方は多くありませんが、咳だけ長引いているという人が多くなっているので注意が必要です。

その咳に「五虎湯+麦門冬湯(ゴコトウ+バクモンドウトウ)」という2つの漢方薬をおすすめすることが多くなっています。不思議とはどういうことなのかというと、五虎湯は石膏とマオウが主成分となっている痰や水分を咽頭部から取り除くということが主作用の漢方薬ですが、方や麦門冬湯はバクモンドウや人参が主成分となっており、逆に咽頭部を潤すというのが主作用なのです。

水分を取り除くという薬と逆に潤すという真逆の作用がある薬を同時に用いているので摩訶不思議です。

通常、咳といえば炎症反応によって咽頭部や肺に痰が多くなっていることにより、その痰を外に出そうとして引き起こされる場合と、逆に炎症又は熱によって咽頭部及び肺が水分枯渇状態となり、渇きや痰が凝集されていることによる違和感などにより咳が出るということが多くなります。

よって、どちらかの漢方薬を適宜用いるというのが普通ですし、教科書にも書いてあります。

もちろん、五虎湯+麦門冬湯などを用いるなんてことはどこにも書いてありません。

しかし、実際には夾雑といって渇きと多痰が混ざり合っている症状を呈する方は数多くいますし、炎症抑制作用を増強する目的で作用の似通った処方を同時に用いることもあります。五虎湯+麦門冬湯はその典型であり、夾雑と作用増強両方の目的で使える組み合わせです。

とはいっても、この組わせは全ての咳に適応となる訳ではありません。

痰や咽頭痛が強く、風邪後期の体の違和感も感じている場合には「小柴胡湯+桔梗石膏」
腎虚がある場合の咳には「甘草湯」「炙甘草湯」「百潤露」「滋陰降下湯」
冷え+多痰、体力の低下などがある場合には「平喘顆粒」
強い咳込「麻黄湯」「マオウブシサイシン湯」
※一概にはいえません。あくまでも例として挙げているだけなので参考にはしないで下さい

など、その時の症状、体質によって使い分けるのが通例です。

漢方薬は時に全く作用の異なる処方の組み合わせが絶大な効果を発揮することがあります。当然、教科書には書いてありません。全て経験によるものです。もちろん、一人二人によってもたらされる効果ではなく、何十例、何百例と積み上げることによって初めて確かなものとなります。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




14502580505fewf57.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ