こんばんは^^先ほどふと外を見たらちらほら白いものが。よく見ると雪!それほど寒いとは感じていなかったのでちょっと驚きました。昨日の最高気温は23度で今日は雪ですからね。一気に20℃以上気温が変化しているということになります。

人間の体というのは恒温動物なので常に一定の体温を保っています。なので外気温の影響をものすごく受けてしまいます。

少しずつ気温が変化していく場合は体内のエネルギー燃焼量や毛穴による体温の調整などが行われることにより対応出来ますが、急激に変化すると対応することができません。

対応出来なくなるということは何を意味するのかというと、体温が下がりすぎてしまったり上がりすぎてしまったりして自律神経及び免疫が乱れます。

すると、めまいやのぼせ感、冷え、イライラ、不安、動悸、不整脈、頭痛、肩こりなどといった不定愁訴が起きやすくなったり、風邪を引きやすくなる、肌荒れ、関節痛など免疫の異常による不快症状が起きやすくなります。

極端な例を挙げると、いきなり寒いところから暑い部屋に移ると顔がのぼせたり、いきなり寒いところへ移ると震えやめまいが生じたりします。また「ヒートショック」といって、急激な温度差によって血圧が急に変化して脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす現象が今問題となっています。

このような悪影響は若くて健康体の方はそれほど影響を受けませんが、神経の病気をお持ちの方や、血管が硬化している高齢の方、各種慢性病をお持ちの方などはより多くの悪影響を被りますので注意が必要です。

対策としては、なるべく温度差がなくなるように衣服や空調で調整するようにしたり、運動やストレッチなどで普段より体を鍛えるという方法を行うようにします。体が相当弱っている場合を除き、ずっと同じ温度に身を置くというのはある意味安全なように感じますが、そうではなく、普段より適度に外に出て体を鍛えるという方がリスクを低減させることができます。昼間の温かい時間帯などに外に出て体を鍛えるようにし、室内の温度は上げ過ぎずなるべく衣服で調整するようにします。

しばらくは温度差の激しい時期が続くと思いますので、温度差による悪影響を考慮した生活を送るようにして下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!






1455533vger749423.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ