こんばんは^^今日は朝から極寒の鹿嶋地方です。外に出ると一瞬にしてUターンで家に戻りたくなる衝動に駆られます。


さて、「認知症電車事故賠償責任なし」ということですが、本日、非常に興味深い裁判の判決が出ました。

一審二審共に、家族に賠償責任があるとの判決が出ていましたが、最高裁にてその判決が覆り逆転無罪となりました。

この事件は痴呆症の男性が電車線路内に侵入して事故を起こし、その際に起きた電車遅延による賠償についてJRが裁判を起こしたというものです。

そもそもJR側が個人を相手取り賠償責任を起こすのは自殺などでも常習化していることではありますが、今回の場合企業の責任において裁判を起こすべきではなかったのかも、という個人的意見を持っています。しかし、企業としては一貫性を持たすために当然のことでもあるのかなと色々な意見が頭をよぎります。

今回の最高裁の判決は全ての痴呆による徘徊者の列車事故を「賠償責任なし」とするのではなく、「監督責任があったのかなかったのか」ということが焦点となり、今回の場合は妻が85歳という高齢で本人も介護を必要としていたこと、長男は離れて暮らしていたことなどにより「監督責任はない」という結論から賠償責任なしという判決に至りました。

この裁判が注目されていた理由としては、現代の世相を反映している出来事であり、今後益々増える老人介護問題のたたき台となる裁判だからだと思います。

ほとんどの方に無関係といえない問題であり、高齢化社会を今後どのようにして社会全体として乗り越えていくのかということを考えさせられます。


現在クローズアップされている言葉として「健康寿命」があります。身の回りのことを自分自身で介助を必要としないで行うことができる寿命をいいます。誰もがこの健康寿命=寿命であれば介護など存在しません。

この健康寿命を延ばすにはどうしたらいいか。色々と叫ばれていますが、その一つとして食養生、健康的な生活習慣、そして漢方薬があります。これら全てを滞りなく取り組むのとそうでないのとでは雲泥の差があると思います。特に最近では糖尿病患者が増えており、糖尿病は万病の元なので健康寿命を短くさせる元凶となります。食生活及び生活習慣を見直し糖尿病や肥満を減らすだけでも医療費及び健康寿命に大きく貢献できると思われます。

当店では、痴呆予防や運動障害予防など、健康寿命に関するご相談も受け付けています。お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






DSC_06bbedb9.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ