FC2ブログ



こんにちは^^良く晴れた素晴らしい天候に恵まれているここ鹿嶋地方です。寒い冬の日は、日向がとてもありがたく感じます。


さて「手や頭部の震えの原因の一つ」と言うことですが、少し緊張したり、字を書いたり、箸を持ったり、ただ立っていなければならない時などに、手や頭部が震えてしまう方がいらっしゃいます。医療機関などで見てもらってもコレと言った原因がなく、自分でも全く原因が分からないで困っている方結構多いのではないでしょうか。


漢方でこの震えの原因を探っていくと、その原因の一つが分かってきます。その原因の一つとは、陰虚、血虚といって体全体の水分、栄養が不足している状態です。

この水分、栄養が不足すると、なぜ震えに繋がるのかと言いますと、体に必要な水分、栄養分が不足傾向になると、重要な部位(内臓、脳、五官など)に栄養を送ろうと、各筋肉が緊張しやすくなります。特に四肢は末端の為、栄養が行きにくくなるので緊張しやすくなりふるえが起きやすくなります。更に頭部も一番重要な所+体を緊張させる指令を下す所なので、神経が高ぶると震えが起きやすくなります。


水分量、栄養が不足する原因はと言いますと(全て長期に渡り)
○老化、年齢によるもの
○過剰なストレス
○過剰な肉体労働、頭脳労働
○偏食、栄養の偏り、少食、辛い物や刺激物の過剰摂取
○飲酒過多、コーヒーの過剰摂取
○性行為過多
○胃腸虚弱、肝や腎の弱り
などが考えられます。同じ事を続けていても、なんら問題ない方もいますが、「その人」によって許容範囲が違います。無理しすぎて不快症状を感じるようになったら、早めにその原因を改善した方が良いようです。この震えの状態が続くと、高血圧やめまい、脳梗塞などの血管系の病気などの原因となる可能性がありますので注意が必要です。

改善法としましては、上に書いたもので自分で改善できるものは自分で改善していき、無理な場合は各種医療機関や漢方の出番となります。

漢方薬では、
●胃腸の機能を高め栄養の吸収を良くするもの
●栄養(血)を増やすもの
●水分(陰液)を増やすもの
●肝や腎の機能を向上させるもの
●脳の興奮を抑えたり、神経の高ぶりを抑えたりするもの
●過剰な熱を抑えたり、冷えを改善したりするもの
●血流を良くするもの
などをその方、その症状に合わせ1~3種類位を用いるようにします。


不快症状が無くなり、元気いっぱいに生活していければ良いですよね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ