こんばんは^^朝から気持ちのいい小春日和となったここ鹿嶋地方です。桜が満開になっていることろが増えているようで、ニュースなどでは連日桜や花見の話題となっています。春ですね~。


さて、「実際に質問した糖尿病の初期症状」ということですが、当店にて糖尿病の改善を希望して漢方治療を求められる方が最近特に増えていますが、そのご来店になるお客様に実際に聞いた糖尿病の初期症状についてご紹介します。

よく、一般的には
・だるい
・体臭がきつくなる
・多尿
・多汗
・甘いものが欲しくなる
などといわれていますが実際にはどうなのでしょうか。

当店にお越しになる方にお聞きした結果、一番多い症状というのが
・多尿
・関節の痛みやしびれ
・食後の眠気
です。これらは初期症状として皆さん訴えるものであり、慢性的な糖尿病へと移行すると、次第にこのような症状がなくなり
・次第に痩せてくる
・血圧上昇
・暑さや寒さに鈍感になる
などの訴えが多くなります。痩せはある人とない人とがあり、全ての方に共通する症状ではありません。比較的元気であり血糖値やA1Cは高いものの諸症状が皆無という方も少なくありません。

何故かというと、血糖値が高くなり始めの時は血液中の糖が急激に乱高下するので、急激に高くなった時に体が危機感を持つことにより、その糖を下げようと尿量が多くなるので、多尿、多汗、急激な痩せ、口の渇きなどを生じやすくなります。逆に、慢性的高血圧の場合は血液中の糖に急激な変化が見られないため、「急」がつく体調変化がなくなります。よって、あまり不快症状を感じる方がいないのです。

しかし、それは体が慣れてしまっているだけであり、体内は間違いなく蝕まれ続けています。当血糖になると細胞(特にコラーゲン)が糖化反応を起こして硬化⇒萎縮します。人にもよりますが、10年間もの間A1c8以上の状態を続けていると血管や骨などはスカスカとなり、いつ何時骨折や血管破裂を起こしても不思議ではありません。

内臓や器官では腎臓や目、手足の神経が機能低下を起こします。ガン細胞も飛躍的に増えます。


糖尿病は一旦なってしまうと中々元に戻すことができませんが、遺伝性糖尿病出ない限り予防することにより発症を免れることができます。
・食べ過ぎ
・脂質や味の濃いものの摂りすぎ
・甘いジュース類の飲みすぎ
・アルコールの過剰摂取
・運動不足
・過剰なストレス
・肥満
・脂肪肝
・各種慢性病
などが原因となります。自分で予防できるものがほとんどなので、普段より節制して予防に努めましょう。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






DSC_06 fd74
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ