FC2ブログ
P4250219_convert_20080625162050.jpg
常陸海浜公園



こんにちは^^今日はなんとなく良く分からない天気となっているここ鹿嶋地方であります。気温の方も昨日から比べるとグッ下がり、半袖では間違いなく寒いと気温となっています。

さて「季節によって飲む漢方も変わってくる」という題名ですが、当たり前と言えば当たりまえである事と言えるのですが、改めて書いていこうと思います。


ご存じ日本というのは四季があります。その気温差は30℃以上、湿度の方もめまぐるしく変動します。

いくら現代においてエアコンが普及したからと言っても、この四季の変化によって身体も変化している事は間違いの無い事です。

この季節(夏)限定で言えば、皮膚からの蒸発はもちろん、動いた時に出る汗、寝ている時に出る汗、呼吸によって吸い込まれる熱気などあらゆる方面から「熱」の影響を受けます。

更にそれに伴い水分の摂取が必要になってきますが、飲んだ水分全てが自分のものになるとは限りません。

胃腸の弱い方などは、冷たい清涼飲料水でかえって調子を崩し、脱水を助長させてしまう事が考えられます。

腎が弱いと入ってきた必要な水分を体に保持する事が出来にくくなります。そうなると夏に限りませんが、「陰虚」という状態になり、体内水分量が低下し、慢性的な咽の渇き、火照り感、不眠などの症状が出やすくなります。

以上のような状況に体がなった時に、「私は冷え性だから」といって体を暖める漢方だけを服用していると、肺などの乾燥に拍車をかけ、空咳、のぼせ、目の渇き、皮膚の乾燥感、脱毛などの症状が出る事もあります。


やはり夏の主役と言えば「バクモンドウ」「ジオウ」「芍薬」など体を潤してくれるものに「トウジン」「ブクリョウ」「白朮」「半夏」などの健脾(胃腸を整える)作用のあるもの等になります。


冬に食べる料理と夏に食べる料理は違いますよね!?
漢方はそれと同じ事が言えるのです。「医食同源」という素晴らしい言葉がそれを物語っています。


と言う事で週半ば、もう一踏ん張り頑張りましょう!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ