こんばんは^^朝から花見日和の穏やかな一日となったここ鹿嶋地方です。明日は花散らしの大荒れの天気となるようなので、お出かけの際は十分注意して下さいね。


さて、今朝の毎日新聞の記事に「ガン大国白書」と題して、抗がん剤の使用が国家を滅ぼす危険性を秘めているとの、何とも興味をそそることが書かれていたのでご紹介します。

記事によると、今話題の抗がん薬として「オプシーボ」という薬があります。新しいタイプの抗ガン剤で、医学界では注目の的となっています。取り扱う小野薬品の株価も一昨年辺りから沸騰しており、その注目度の大きさが伺えます。

オプシーボは今までの副作用の多い抗がん剤と異なり、自分自身の免疫細胞がガン細胞へ攻撃できる能力を高めるという薬です。細かく説明すると、ガン細胞は自らを守るために免疫細胞に気付かれないようにPDL1という物質を作り出します。オプシーボはこのPDL1がガン細胞と結合するのを防ぐという作用があることによって、免疫細胞がしっかりガン細胞を標的とすることができるようになるのです。

しかし、この薬代が1回なんと133万円!2週間おきに治療を受けると一年間で3460万円もかかるという計算になります。一人でこの費用なので、仮に5万人に使用したと仮定してもその額は2兆円になります。これを全て保険適応や高額医療で賄うとなると、現在日本の薬剤費が10兆円と考えるとぞっとする数字になります。

当然、ガンはもとよりこの先様々な高額治療薬が使われることが予想されます。株式市場では薬を開発するバイオ関連銘柄がにぎわっていますが、ざっと調べただけでもものすごい数の新薬が開発され、承認、保険適応などのニュースが入ってきます。

このように、医学の世界は日進月歩となっており、病気は何でも治るものというような幻想を抱かせます。しかし、実際には画期的治療薬であるオプシーボでも効果のある患者は20%程度であり、理想と現実のギャップが生じているのが現状です。

以上のような医療費による国家の存続危機を守るため、薬が適応になるかどうかの見極め方法の確立が急がれています。

もちろん、自分自身がガンになったら・・・ということを考えると、一日でも早く完全なる治療法が確立され、ガンを始め様々な病気が怖くなくなる日がくればいいなとは思います。しかし、一方で一回130万強も費用が掛かってしまう、しかも2割程度しか効果がないというギャップがあり、国の存続を危ぶむ原因となるというリスクも生じています。

人の命、医療の前進、国政とのバランス、自然との調和など様々なことを考えバランスをとって行く必要がありそうですね。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





145993441040fe3.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ