こんばんは^^現在桜の一番の見ごろを迎えているここ鹿嶋地方です。明日の土曜日はさぞかし地元城山公園は賑わうんでしょうね。


さて、「高血圧を防ぐには抗酸化が一番大事」ということですが、今や国民の3人に1人がなるといわれている高血圧。高血圧は血管に対する血液の圧力が増している状態をいいます。

血管に対する圧力が増している状態だと、血管自体に常に膨張の圧力がかかっている状態となっているので、血管が硬化しやすくなったり、血管が集中している脳や心臓、目、腎臓などの臓器や器官の機能低下に繋がります。

この高血圧の最大のリスクファクターとなるのが「血管の硬化」です。血管が硬化すると、圧力を吸収することが出来にくくなるのでどうしても血圧が上昇しやすくなります。

分かりやすく例に例えると、風船などに水を入れると膨らんで圧力を吸収できると共に、少しの圧力では破裂しないのに対し、劣化したプラスチックでは全く膨らむことも出来ず、少しの圧力で破裂してしまいます。ヒトに例えると若々しい血管は前者で、酸化や糖化によって劣化した血管は後者です。

血管が硬化する要因としてあるのが
①活性酸素による酸化
②高血糖による糖化
③ストレスによる慢性的な血管内炎症
④脂質異常症による血管壁への脂質沈着
⑤運動不足
⑥老化
⑦高血圧
などになります。

このうち①、③、④、⑥は酸化が原因であり、抗酸化を意識することで回避することができます。

抗酸化作用を取り入れて血管の硬化を抑制するには
・脂質を摂りすぎない
・毎日ストレッチを行う
・加工食品(カップラーメンや菓子類)は摂らない
・ストレスフリー
・激しすぎる運動は行わない
・腸内環境を常に良好にする
・抗酸化作用のあるフレッシュな野菜やフルーツをよく食べるようにする
・規則正しい生活習慣
・入浴
・不衛生なものへの適度な暴露
などがあります。

漢方薬では
・各種血流改善薬
・各種補腎薬
・ストレス軽減作用のあるもの
・免疫向上作用のあるもの
が効果を発揮します。特に症状がない方の場合には「冠元顆粒」と「杞菊地黄丸」をその人の体重や肝機能に併せて増減するようにします。


血管の柔軟性は全身の老化度を計る指標となります。アンチエイジングは生活習慣の見直しと漢方薬でできますので、興味がある方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




146011112wqr688.jpg
エクスぺリアで撮った写真です。当たり前ですが5日のブログに掲載してある一眼レフの方が美しいです。

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ