こんばんは^^今日も気持ち良く晴れたここ鹿嶋地方です。6月は雨さえ降らなければ最高の月ですね。


さて、「血流改善薬の重要性」ということですが、漢方薬の主役といっても過言ではない作用として「血液の流れを良好に改善する」という作用があるのですが、その重要性についてご説明します。

脳梗塞や心筋梗塞など血管由来の病気で死亡する方の割合をご存じですか?

日本人の病気による死因第一位(全体の28.6%)はガンが原因となっており、二位は心疾患で全体の15.5%、三位は肺炎9.7%、四位が脳血管障害で9.3%となっています。このうち血管由来は二位と四位となっており、合計すると24.8%となり一位のガンに肉薄するというデータとなっています。

血管由来の病気の原因としてあるのが
・血管の硬化
・血管壁にこびりついた血小板や白血球の死骸が塊になったものが血流を阻害する
・高血圧
・アテローム(脂肪の血管内沈着)
・血管の老化、脆弱化による血管の破裂、血管壁の乖離
・血管の変形
・血液の汚れ
・一過性のストレス(精神的ストレスや感染症、ショックなど)
などがあります。これら要因を低減させるアイテムとしてあるのが血流改善作用のある漢方薬各種です。

現代は
・食の欧米化による脂質の摂りすぎ
・糖尿病
・高齢化
・運動不足
・ストレス
・飲酒や喫煙
・抗酸化物質の摂取不足
などがあることにより、血液の質及び血管、血管壁の状態悪化が引き起こされやすくなることによって血管由来の病気が増えています。

血流が悪くなっている時の症状としては
・頭痛や肩こり
・関節痛
・生理痛
・下肢の傷が治りにくい
・手足の痛み、寒冷刺激を感じにくくなる
・めまい
・顔色が悪い(どす黒くなる)
・目の異常を訴えやすくなる
・胸部の痛み
・血圧が下がりにくくなる
・顔がのぼせて足は冷える
・動悸や不整脈
・痔の悪化
・精神不安定
・午後になると、異常なだるさや眠気に襲われることが多い
などが出やすくなります。

血流が悪化する原因によって用いる漢方薬は異なりますが、基本的には血液の流動性を上げたり、血液の質をよくするもの、血管を拡張させるものが入っている冠元顆粒や冠脈通塞丸が主となります。

血管由来の病気は即死に繋がることが多く、死の準備も出来ないまま逝ってしまうことが多くなります。また、ガンと違い漢方薬の服用や生活習慣の改善で発症を遅らせる又は防ぐことも可能です。なので、改善しないよりはした方がいいと私は思います。

お悩みの方はぜひみやわきまでご連絡下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_0ff781.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ