こんにちは^^朝から薄曇りながらもいい陽気となっているここ鹿嶋地方です。こんな日はアモーレという言葉がピッタリ来ますね。(すみません・・・)


さて、「体内が冷えているか熱がこもっているかを見分る簡単な方法」ということですが、昨日の日曜日に「舌診(ぜっしん)」について勉強してきたことの一部をご紹介します。

舌診とは文字通り舌を見ることによって診断を行うことをいいます。舌は内臓と繋がっていることから、内臓の状態及び体全体の状態を反映します。

基本的には、舌の色や苔の状態によって判断します。人間の肌や粘膜は体温が高い時には体表部の血管を拡張させて熱を体外に発散させようとします。血管が拡張すると血の色が濃くなるので赤みが増し、逆に冷えている時は熱を逃がさまいと血管が収縮するので色が淡くなります。

更に苔ですが、苔は粘膜の突起物のあるなしに左右されます。通常、人間の消化器粘膜には細かい突起物があり、その突起物により飲食物が移動していきます。即ちこの突起物があることが健康の印ということになります。よって、薄い苔があることが正常であることを意味します。逆に全く苔がない状態の時は胃腸の働きが著しく低下しているということになります。また、苔が厚すぎる場合は、胃腸に余計なものが沢山停滞していることを意味するので、食べ過ぎ、飲み過ぎを改善する必要があります。

これら苔の状態は機能が正常か、低下しているのか、悪いものの有無を判断する材料としますが、苔の色を見ることによって冷えや熱がこもっているのかを判断することができます。苔の色が白の時は冷えで、苔の色が黄色~こげ茶の時は熱がこもっているということになります。

以上をもとにまとめると
・舌本体の色が淡い(白~薄いピンク)
・苔が白

の時は体が冷え傾向である。ということになり、

・舌の色が濃い(赤みが強い)
・苔の色が濃い(黄色~こげ茶)

の時は熱がこもっている傾向がある。ということになります。


一つ注意点として、舌本体の色が淡いのにも関わらず、苔の色がうっすらと黄色の時があります。これは舌の色は冷えを示しているのに対し、苔は過剰な熱を示すという矛盾となっています。この場合は、その他、内臓の状態や不快症状の有無、顔色、口臭、体臭、目の動きなどを見極めることによって決まりますのですぐに判断することはできません。



この方の色と苔は正常だと思います↓
gatag-00010814.jpg
見にくい写真ですみません。フリー画像だとこれしかありませんでした・・・。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ