こんばんは^^相変わらず梅雨らしい気候が続いているここ鹿嶋地方です。この辺はそれほど強い雨は降りませんが、九州地方はものすごい豪雨が降り続いています。一刻も早く止むことを祈っています。


さて、「湿度が高くなると悪化する疾患、症状」ということですが、皆さん湿度が高いと調子いいですか?それとも悪いですか?湿度が高いイコール気圧が低いということになるので、体に対する圧力が低下します。

体を外側から圧迫する力が減少するということは、強制的にリラックス状態が作り出されるということになります。ということは、リラックスすることによって悪化する疾患や症状が悪化するということになります。

体がリラックス(弛緩)することによって悪化する疾患、症状としては
・喘息
・各種アレルギー疾患(皮膚炎、鼻炎など)
・リウマチなどの関節の炎症疾患
・古傷
・体の疲れ、疲労
・弛緩性頭痛
・食欲不振又は亢進
・うつ
・蕁麻疹
・やる気の後退
・弛緩性便秘
・歯の痛み
などが引き起こされやすくなります。しかし、基本的には副交感神経優位の状態というのは体が休んでいる状態であることから、エネルギーを溜めこんでいる時期、メンテナンスをしている時期と捉え、心身にとってはいい時期と捉えることができます。免疫の方も副交感神経優位の時の方がNK細胞といって免疫の親分が活性しやすくなります。

よって、この梅雨時期というのは体をしっかりメンテナンスする時期としてなくてはならない時期と位置付けることができます。

リラックスするので逆に
・パニック障害
・不眠症
・緊張性の頭痛
・血流悪化が原因の関節痛
・ガン
・冷え性
・糖尿病
・各種消化器疾患(胃炎、潰瘍性大腸炎など)
・緊張性の便秘
・ニキビやおでき
などは緩和する傾向にあります。

しかし、以上のような傾向はありますが、気圧が下がるとヒスタミンという刺激物が細胞から漏れ出すことや、炎症反応が悪化することなどがあるので、一概に以上のようにどちらかに自律神経が偏るというよりは、両方が混在するという方が多くなるので、一筋縄にはいかないというのが現状です。

自律神経はバランスの取れている状態が理想ですが、生まれ持った体質や生活習慣、仕事の内容、生活している環境、食生活など様々な影響によって異なるので自分ではどのように乱れているのか分かりません。

自律神経の乱れによって不快症状があるという方は、ぜひみやわきまでご相談下さいませ。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_030x9.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ