FC2ブログ



こんにちは^^これで5日連続の雨模様となっていますここ鹿嶋地方です。も~雨にはうんざりですが、今日は雨に加えて気温が低く、最高気温4℃最低気温2℃と非常に厳しい感じとなっています。


さて『貧血、月経前症候群、生理痛』と言うことですが、女性の方でこの三拍子が揃ってしまっている方多いのでは!?と思います。この三拍子、漢方で言う「血虚」が原因となって起こることが多いのです。

漢方で言う血虚とは、その字の如く血が虚している状態です。血が足りていない状態を指しますが、現代医学で言う貧血とは必ずしも=ではありません。全身的にみて、栄養がまんべんなく行き届いていて、各所の機能が滞りなく働くことが出来ている状態が健康的な状態ですが、栄養の不足によって各所の機能に影響を及ぼすものや、各所の不快症状、病気の原因になるような影響を及ぼしているような状態を総称して「血虚」とよびます。


『血虚』といって栄養状態が良くない

『貧血』

『月経前症候群』
高温期に子宮や乳腺に送る材料が乏しいから、血管の収縮や脳の興奮が起きやすくなるので、イライラ、不安感、胸部の痛み、頭痛、胸焼け、下痢便秘、食欲の過亢進などPMSと呼ばれる症状が出やすくなる

『生理痛』
高温期にて、沢山の栄養で血流が良い状態で内膜が充実したのと違い、血量が乏しい中で作られた内膜は所々血流が悪い所が出来てしまいます。その結果、血流悪化、ホルモンのアンバランスが起きやすくなり生理痛となって表れてくるのです。


改善法としましては、いつも同じになりますが
○冷やさない
○3食日本食中心で薄味、良く噛んで、間食はほどほどに
○甘すぎる冷たい清涼飲料水は飲まない
○日常に運動を取り入れる
などが考えられます。


漢方薬は婦宝当帰膠がファーストチョイスになります。体を暖め収縮している血管を拡張させ、血を補うという三拍子揃った非常に良い薬です。しかし万人に良いというわけでは無く、
●胃腸機能が低下している方
●過剰な熱が入っている方
●イライラが激しい方
などには向きません。

胃腸機能が低下している方には、胃腸の機能を高めるものを一緒に服用するか、食直後に服用するかで改善できますが、過剰な熱やイライラが有るような方は、その症状を完全に取ってからでないと服用しても逆効果になってしまいますし、場合によっては胸焼け、食欲不振、皮膚炎などの副作用的な症状が出ないとも限りません。



上手に自然の力、漢方を用いて、不快症状を和らげることが出来れば良いですよね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ