こんばんは^^朝から元気よく晴れて暑くなったここ鹿嶋地方です。


さて、「最近、特に多い病院処方への乗り換え」ということですが、タイトルの意味が分かりにくいので説明します。

最近ですが、当店にて漢方相談にお越しになられ、その後、その処方をそのままそっくり病院から処方するようにお願いして出してもらっている方が急増しています。

皆さん悪気はなくやっておられるのですが、私としてはめちゃくちゃ困惑しています。

何故かというと、漢方薬というのは単に同じ処方を飲み続けるというのではなく
・体質の変化
・症状の変化
・季節の変化
・ストレスの有無
・内臓の状態
など、様々なものをみつつその都度変更していくということをしなければならないので、「ずっと同じところでみてもらわなくてはならない」という傾向があるからです。

よって、医療保険がかかり安くなるからといって病院にかかるということをすると、症状が変化した時に対応出来なくなるといった事態が引き起こされるのです。もちろん、症状が変われば処方して頂いた先生に再度相談すればいいだけの話ですが・・・。

あと、儲けの問題もありますね。我々も慈善事業で店を営業している訳ではないので、当店で商品としてお買い上げされるのと処方箋にて持ってこられるのとでは利率がまるで違います。また、処方せんを100%当店にお持ちになられるとは限りません。


最後に、これだけは絶対に言っておきたい!というのが、薬をおすすめするのは医師なり薬剤師、登録販売者なりが決めるものであって、患者側が指名するものではないということです。当店で購入していたものをそのまま病院にもって行き「これ出してください」と指名すること自体がおかしいのです。医師が病名を判断し、その改善に見合ったものを処方するというのが本来の姿です。よって、指名してそれを出してもらえることはまずありえないことなのです。


以上、仕組みが分からないが故に病院処方への乗り換えを所望される方への簡単な説明となります。所詮、薬局は物売りという前提でしかないことが最大の弊害ですが、一応合う薬を見立てているという状況がありますので、ひとつご了承下さいませ。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSwfewC_0836.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ