こんばんは^^今週はもう金曜日!?と思う程早いと感じた方が多いのではないでしょうか。私も何でこんなに早いの!?と驚愕していたのですが、よく考えたら月曜日が旗日だったんですね・・・。


さて、そんなボケボケの金曜日ですが、「カーテンの弊害」を考えてみたいと思います。

皆さんカーテンしていますか?なんじゃこの質問・・・と呆れられそうですが、カーテンって実は弊害もあるんですよ。

カーテンはプライベートを守る上で必要不可欠なものとなっており、無しでもいられるのは相当の田舎や無人島くらいのものでしょう。あるいは特殊な癖の持ち主とか(私は違いますよ)

このように、生活を行う上で必要不可欠なものとしての役割もありますが、私がいいたいのは眠り起床に関してです。

人は眠る時にメラトニンというホルモンの分泌が高まります。それによって深い眠りが得られる訳ですが、その為にはまぶた越しに入ってくる光を全て遮断しなければなりません。街灯の明かりや豆電球などがまぶた越しに当たるだけでもメラトニンの分泌に障害を引き起こすのでよくないといわれています。

それ故、遮光カーテンが必要となるのです。特に夜でも明るい都会の場合には必須となるでしょう。

しかーーーし!

問題は起床時です。人は段々と眠りが浅くなることにより、メラトニンや成長ホルモンの分泌が少なくなり、逆にセロトニンやコルチゾールなどの分泌が高まり気持ちのいい朝を迎えることができます。

この段々と眠りが浅くなるのに大きな役割を発揮しているのが窓から差し込む光です。この光がまぶた越しに脳に刺激を与えることによって徐々に覚醒していき、時間が来ると共にスッキリと起きることが出来るのです。

しかし、この「段々と眠りが浅くなる」のを邪魔する凶悪犯がいるのです。

そうです。お気づきの方がほとんどだと思います。

犯人とは「遮光カーテン」です。


遮光カーテンがあると、不快熟睡状態の時にいきなり目覚ましのベルが鳴り響くので寝起きが最悪になるばかりか、ホルモン系、神経伝達物質系がかなり出遅れて分泌されるので、生活のリズムも崩れてしまいます。

と、このような効果はあるものの、寝る時間と起きる時間が遅い方の場合は睡眠時間を削られてしまう、眠りの質が悪くなるというデメリットもあるために全ての方におすすめというものではありません。

11時ころまでに眠る方の場合はメリットの方が大きいと思います。

ということで、家の外が暗い方は、今日から眠る時にはカーテンを開ける、もしくは透け透けカーテンに変えるようにしてみて下さいませ。きっと寝起きが劇的に改善すると思います。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_06sv97.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ