こんばんは^^朝からジメジメMaxのここ鹿嶋地方です。いい加減に梅雨さんどっか行って欲しいですね。


さて、「夏風邪が治りにくい理由」ということですが、皆さん夏風邪など引いてませんか?今週はさほどではないですが、先週は夏風邪でご来店になる方がものすごく多かったです。

そんな夏風邪ですが、治りにくい、治るまでに時間がかかるという特長があります。なぜこのような特徴があるのでしょうか。

答えは、夏風邪を引き起こすウイルスに隠されています。

夏風邪を引き起こすウイルスとして多いのが
・アデノウイルス
・エンテロウイルス
・コクサッキーウイルス
などです。俗にいうプール熱や手足口病などを引き起こすことで有名です。これらウイルスには共通した特徴があります。その特徴というのが「ジメジメした場所を好む」というものです。冬に伝染するウイルスが乾燥を好むのに対し、夏に流行するウイルスは高湿度な環境を好みます。

なので、人の体のジメジメてしている場所である「胃腸」に生息するという特長を持つのです。よって、夏風邪には
・下痢
・食欲不振
・腹痛
といった症状が多くなるのです。その他症状としては、扁桃腺も腫れあがる傾向があるのでのどが痛くなったり、発熱、咳などがあります。

なぜ胃腸に住みつくウイルスは長引くの!?ということですが、夏風邪が発症しているということは、ウイルスが胃腸という体内の奥深くまで侵入してしまっているが故に治りにくいといえます。冬の風邪の場合は鼻や喉という体表部の粘膜に付着して発症するという場合が多いので、その部位にいるウイルスはさほど増殖することがないので駆除しやすいのに対し、胃腸に入り込んでしまうウイルスは増殖しやすく、更に体外までの距離が遠いために治るまでに時間がかかります。

もちろん、冬の風邪でも血液中にまで混ざり込み増殖してしまったものに関しては夏風邪以上に長引きます。

以上を踏まえて夏風邪を早く治すポイントとしては
・下痢止めを飲まない(下痢を止めない)
・水分をとって脱水を予防する(下痢の水分量が増えてウイルスを追い出すという効果も)
・生姜やニンニク、ミョウガ、紫蘇など殺菌作用のあるものを適度に食す
・体や胃腸を冷やさない(入浴で温める)(温めすぎはNG・適度に)
・納豆、ヨーグルトなどの発酵食品を適度に
などを心掛け
・市販の風邪薬
・抗生物質
・下痢止め
などは服用してはいけません。

漢方薬では
・柴胡桂枝湯
・カッコウ正気散
・香蘇散
辺りが適応になります。

夏風邪が長引いて
・黄色や緑に着色された痰や鼻水が出る
・喉が異常に痛む
・発熱が1週間以上続く
・べたべたした汗が出て体がダルイ
・鼻づまりがひどい
などがある場合には、ウイルス感染ではなく細菌感染している可能性がありますので、すぐに医療機関を受診して医師の診断を仰ぐようにします。


お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_063f68.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ