こんばんは^^朝からスカッと夏のお見本のような天気となったここ鹿嶋地方です。今日は目覚めた瞬間「今日はゲリラ豪雨がなさそうだ」と思ったのが的中、一日いい天気となりました。


さて、「介護は子育てと同じ!?甘やかさないことが高齢者の為になるらしい」ということですが、今日訪れたセールスからもらった資料をご紹介します。

それによると、介護の鉄則として「楽させるのは絶対にNG!」らしいです。親が危ない目に合わないように家中をバリアフリーにしたり、掃除や洗濯はさせない、送り迎えは全て車など至れり尽くせりの女王様のように面倒を見るというのが日本の介護現場では当たり前のように行われています。

しかし、このようなことをすることにより、全身の筋肉及び脳の衰えが進行してしまい、元気だった人でもたちまち病人になってしまうのです。介護の意味をはき違えて子育てと同じく「過保護」としてしまうと、いい結果には繋がっていかないことを意味しています。

現代の教育現場では「怒る」ということがしっかりなされていないことにより、善悪の区別がつかないこと、忍耐力が希薄になる、精神年齢の低下などが問題となっています。現在世間を賑わせているニュースもこのような教育の問題が関係しているかどうかは分かりませんが、怒るという行為は人間にとって必要不可欠な感情であり、教育において必要なのはもちろん、人間が集団で生活していく上でも、精神衛生上でも必用なものだと思います。

話は脱線しましたが、欧米諸国などの介護現場では、まず介護者を立たせて日常生活において自分でできることは自分でやらせ、更に筋肉や脳を鍛えるプログラムを組むということを行うといいます。私自身、介護は経験してないこともあり、実際の現場の意見からは乖離していることを言っていることは重々承知しています。確かに欧米的なプログラムを組むより、ベッドに寝かせておいた方が負担は少ないと思います。しかし、それは自分自身の世話が出来なくなってからのことで宜しいかと。要介護となるまでは筋肉と脳をしっかり使うような介護プログラムを組むことが、自分自身の首を絞めないことに繋がります。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




14722039515ge14.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ