こんばんは^^相変わらず真夏の暑さが続いているここ鹿嶋地方です。当たり前ですが、まだまだ熱中症の危険性が高い状態が続いていますので、十分注意して過ごすようにして下さいませ。


さて、「五十肩と痛散湯」ということですが、皆さん痛散湯って知ってますか?よくラジオのCMや新聞にて宣伝しています。本日も痛散湯についてご質問されるお客様がご来店されました。

当ブログでも何度も取り上げている通り、痛散湯は特殊な漢方薬ではなく、麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)という漢方薬です。漢方薬局でも置いてありますし、病院でも処方してもらえます。よって、特別に痛散湯を買う必要性はありません。

その麻杏薏甘湯ですが、五十肩に効果はあるのでしょうか。答えは「ある場合もあるしない場合もある」となります。何故かというと、五十肩と一言でいってもその人の体質、症状、経過の長さによって用いる漢方薬が違うからです。

麻杏薏甘湯は麻黄という交感神経を刺激する成分が主成分となっているため、神経を高ぶらせて血管を収縮させるというデメリットを考えつつ、麻黄の持つ「炎症を短期に抑制させる」という効果をどのようにして効果的に用いるかということを考えます。

私の場合はまずデメリットを考え、次に効果を考えます。麻杏薏甘湯のデメリットは先ほどの通りなので、高血圧、血行の悪い方、ストレスを感じている方、興奮しやすい方、高齢者、糖尿病、緑内障などがある方には使えませんし、更に痛み止め、抗ヒスタミン、高血圧の薬、利尿剤などとの併用も注意しなければなりません。

これを考えつつ、比較的罹患期間が短期であり、炎症が痛みの主要因の場合のみに用いるようにします。

漢方薬はよく「副作用が少ないので誰に用いても心配がない」と言われていますが、それは漢方薬を知らない人がいう「都市伝説」的な言葉であり、実際には数多くの副作用、不快症状をもたらすので注意が必要です。


このような考えを根本におくことにより、副作用の低減、効果の向上という薬本来の目的を達成することができます。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」



1473158872605ds.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ