こんばんは^^相変わらず鬱陶しい日が続いていますが、暑さの方は一段落してだいぶ過ごしやすくなりました。特に眠る時に暑さを感じることがなくなったので熟睡できるようになりました。秋は過ごしやすい日が多くなるので待ち遠しいですね。


さて、「鎮痛剤を連用していませんか?」ということですが、皆さん頭痛や生理痛などの時どうしていますが?どうしようもない時だけ痛み止めを飲む程度なら問題ありませんが、一か月のうち三分の一以上鎮痛剤を服用しており、それが数か月続いているというような場合は注意が必要です。

鎮痛剤は体全部の神経や血管、免役、ホルモンに影響を与え、体全体のバランスを大幅に狂わせてしまうからです。(今回取り上げている鎮痛剤とは非ステロイド性抗炎症剤NSAIDsと呼ばれるもので、市販薬としては「ロキソニン」や「ボルタレン」、「インダシン」「ポンタール」「バファリンA」「イブ」「ナロンエース」など)

鎮痛剤の連用で引き起こされる問題として
・胃炎
・腎機能低下
・心臓の機能低下
・尿量減少
・腸閉塞
などを引き起こし、そして最も私が問題視しているのは「不妊症」の原因になるということです。当店では不妊症の漢方治療を行っており、まず最初に鎮痛剤の服用をやめてもらうよう指導しています。

更に、問題としてあるのが鎮痛剤の成分はイブなどの鎮痛剤だけではなく、その他様々な薬に配合されているということです。鎮痛剤成分は風邪薬、咳止めなどにも含まれています。これだけではなく、血管を収縮させてしまう一部の高血圧薬や抗ヒスタミン薬、利尿剤、漢方の麻黄製剤、カフェインなどとの併用も注意が必要です。


鎮痛剤を連用していると痛みに対して敏感になってしまい、普段はちょっと痛いな…程度の痛みでも激痛に感じてしまうという傾向があることから、依存性的な症状に陥ってしまうこともあります。じゃ我慢していればいいの?と突っ込まれそうですが、なるべく傷みが引き起こされている原因に着目し、ストレスならばストレスフリー、血流悪化ならば脂質の摂取を減らし運動を行う、食事の質が悪いなら生鮮食品を増やしてみる、運動不足ならば運動やストレッチを行うなどの努力を行い、それでも・・・という時は漢方薬などで体質改善を行ってみるというような方法をおすすめします。

体は改善すれば治ります。早ければ早いほど治り方が早い傾向にあります。お悩みの方はぜひみやわきまで。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」






DSC_0534535832.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ