こんばんは^^朝から雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。そのお蔭で明日の運動会は中止になりました。いつまで続くんでしょうか。カラッと晴れた空を忘れちゃいそうです。


さて、「タケダのルビーナ」ということですが、皆さんこの漢方薬ご存じですか?タケダ薬品から発売されている更年期障害の不快症状を抑制する作用のある漢方薬です。

このルビーナですが、何も珍しいことはなく江戸時代から「連珠飲」という漢方薬で人々に親しまれてきたという有名な処方です。とはいっても、私が知る限り、連珠飲はご紹介したタケダとコタローくらいしか発売しておらず、もちろん病院でも処方してもらえません。当店にも置いてありません。

当店に置いていないにも関わらず何故今回取り上げたのかというと、用いる頻度が高いからです。置いてないのに用いる?おかしなことを書いているとお思いの方が多いかと思いますが、連珠飲は「苓桂朮甘湯」という漢方薬と「四物湯」という漢方薬が合わさったものなので、これら漢方薬はどこの薬局でも病院でも置いてあるので用いることができるのです。

当店では、四物湯は血を増やす作用のある漢方薬なので、同じ作用のある「婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)」を使っています。苓桂朮甘湯+婦宝当帰膠です。この組み合わせだと四物湯を使うよりも造血効果が高く、更に体を温める作用も強くなります。

自分自身では連珠飲を意識して使ってはいなかったのですが、ある時ルビーナの宣伝を見て「あっよく使う処方だ」と気付いたのでした。

女性の場合は血を失う機会が多く、更に食が細いことから貧血気味になりやすい方が多いという傾向にあります。血が失われるとドーパミンの生成が不十分となるので、不快症状を感じやすくなり不定愁訴を感じることが増えるということに繋がって行きます。即ち、貧血と精神不安定はワンセットとなっているのです。

連珠飲はその両方を改善するという効果があります。よって、不定愁訴を訴える女性でエネルギー不足、冷え性があり、胃腸虚弱が強くなければほぼ全ての方に使うことができます。

今まで100名以上の女性に喜ばれてきたという実績がある処方なので、ぜひ、先ほどの症状でお悩みの方におすすめです。とはいっても、実際には苓桂→逍遥丸or加味逍遥散or抑肝散加陳皮半夏or黄耆建中湯などと体質によって変更することがあるので、素人判断は禁物です。必ず専門家に相談した後として下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」




147462899334dfdf5.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ