こんばんは^^今日は朝のうちは晴れていたものの、夜になって雨が降ってきました。雨に濡れて風邪など引かないように注意したいですね。


さて、「精神病と貧血の関係性」ということですが、何度も当ブログに書いている通り、両者には密接な関係性があります。

何故かというと、単純に脳内神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンは鉄を材料としているからです。即ち、鉄が不足するとやる気が減少したり、精神の安定を保つことができなるのです。

漢方の世界では「腎虚」になると精神病になる確率が高くなるといわれていますが、腎虚になると精が不足するので精を材料とする血も不足します。これは貧血が精神病と関連していることを意味しています。

もちろん、血だけではなく、進めば腎性も虚損します。現代医学でいうとホルモン系が不足する又は、内分泌系の臓器機能が低下するということになります。


症状的には血の不足
・動悸
・焦り
・不眠
・情緒不安定
・胃腸の不具合が多い
・月経に問題が引き起こされる
・頭痛
・冷え性
・しもやけ
などが引き起こされやすくなり

腎虚(ホルモン系の不足及び機能低下)になると
・めまい
・不妊症
・精力低下
・体力低下
・老化促進
・漠然とした不安感と恐怖感
・思考能力低下
・五官の機能低下
・脱力感
・慢性的な関節痛
などが引き起こされやすくなります。


当然、血の不足で止まってい場合は治りが早く(半年程度)、腎精虚損までいってしまっていると長くかかる傾向にあります(最低でも2~3年)


漢方療法にて精神疾患を治す場合にはこのような理解が必要になります。現代医学の向精神薬のように、飲めばすぐに気分がよくなるというものではありません。しかし、漢方薬は上記にあるように体の中から原因を改善することができます。体の中に原因がある場合、いくら精神薬を服用しても原因を改善することはできません。

よく、漢方薬なんて本当に治るの?という言葉をネットで見かけますが、逆に「飲まないと治らないよ」と自分は思っています。特に向精神薬を服用していて効果を得られない方は、体の中に原因がある可能性が高いです。お悩みの方はぜひみやわきまでご相談くださいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





147912164031vds2.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ