こんばんは^^朝から厚い雲に覆われこの時期にしては気温が低い一日となったここ鹿嶋地方です。気温の乱高下が激しいので体調管理に注意する必要があります。


さて、「慢性的な皮膚炎の原因は水分代謝の異常」ということですが、アトピー性皮膚炎や慢性蕁麻疹、水イボ、汗疹など、ジュクジュクした水分の多い皮膚炎の多くは、水分代謝の異常が原因で引き起こされています。

なぜ水分代謝の異常が引き起こされるのかというと、水分の吸収を担う胃腸の機能低下や代謝機能の低下、温煦機能の低下、そして肌免役の低下などがあります。これらは遺伝性の場合が多く、更に清潔すぎる環境や胃腸を弱くする食生活などが関係しています。


改善には水分代謝を活発にするということをまず行い、次にその人のウイークポイント(胃腸が弱い場合には胃腸の強化)を治していくようにします。まずは冷たい飲み物は避け、体を冷やさないよう心がけます。更に胃腸の働きを低下させる脂質の多い物や甘い物、添加物の多いもの、食べ過ぎ、水分の摂りすぎを避けるようにします。また、疲労やストレスから遠ざかり、心身を疲れさせないようにしながら、体力を向上させるスポーツを適度に継続するようにします。心身の活性化には睡眠が大事になるので、夕方以降はしっかり体を休めるようにします。

更に、免疫を高めるために、納豆やヨーグルト、キノコ、食物繊維などの善玉菌を活性化させるものを積極的に摂ると共に、土いじりや家畜などとの触れ合いなども許す限り(悪化する場合には様子を見ながら)やってみるようにします。(継続的に)


漢方薬では水分代謝を助ける作用のある
・竜胆瀉肝湯
・黄耆建中湯
・衛益顆粒
・猪苓湯
・荊芥連翹湯
・インチンコウトウ
・平胃酸
・六君子湯
・消風散
・防風通聖散
などを体質に応じてメインに用いつつ、その人のウイークポイントを補うようにします。ただし、皮膚表面の全体的又は部分的な赤みや熱感がある場合には、補陰、補気作用のある薬は使わないようにします。

何をやっても治らない…と皮膚炎でお悩みの方、ぜひ漢方療法をお試し下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






1504519gre279488.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ