こんばんは^^朝から気持ち良く晴れたここ鹿嶋地方です。とはいっても、日中と夜とでは気温差が激しいので、夜は防寒に努めて体を冷やさないように注意する必要があります。


さて、「性病と不妊症の関係性」ということですが、淋病やクラミジア、梅毒などの流行している性病が不妊症の原因になることがあります。

男性側としては原因菌が尿道から精巣上体にまで侵入して炎症を起こすことにより、精子の通り道が塞がれてしまい、無精子症となってしまうことがあります。よって、現在発症している方はもちろん、過去に淋病やクラミジアなどの性病を経験している方も含め、男性不妊となってしまっているかどうか検査する必要があります。

女性側としては、原因菌が子宮頸部や卵管周辺に住み付き炎症を起こすことにより、精子の通過障害、受精卵の通過障害を生じさせて不妊症の原因となります。やっかいなことに、原因となる性病が治った後でも、炎症や癒着が残り続けるので妊娠できない状態が続いてしまいます。

各種性病は、以上のような不妊の原因を作り出してしまいます。程度にもよりますが、何度も性病を繰り返せば繰り返すほど炎症や癒着がひどくなるので、不妊症となる可能性が増す傾向にあります。

性病の多くは人から人へうつるものなので、パ―トナーがいる場合治療する時は2人いっぺんにやる必要があります。片方だけだと治ったとしてもまたうつされてしまうので、永遠に治ることはありません。また、不特定多数の方と性交を行っているという場合も、永遠に治ることはないといっていいでしょう。

このようなリスクがあるので、「妊娠したい」という場合には、なるべく性病を回避するような行動を行うということが求められます。

また、妊娠したいと思った時には男性側は性病及び精子の検査、女性側は性病及び子宮頸部や卵管周辺の検査を行い、不妊症の原因となるリスクを確認しておくということをしておく必要があります。性病及び治癒した後の癒着や炎症は無症状のことが多く、まさか自分が?という方も少なくありません。なので、何も症状が無いという場合でも一度検査を行っておくようにしましょう。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




15099574853fsf89.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ